PEACEの活動分野

動物愛護法

人が飼育する動物全てが対象です。
動物虐待や遺棄には罰則があり、適正な飼育を基本原則としています。
動物を繁殖したり売ったりする業者は、この法律の規制を受けますが、不適正事例が後をたちません。…more

改正へ向けた働きかけと運用の強化を!
特にどこを改正すべき?
実験動物畜産動物 の保護


動物実験
医薬品や一般化学物質などのための毒性試験や、大学・研究機関で行われる基礎研究のために、数多くの実験動物が犠牲になっています。…more

実験動物の苦痛について社会に知らせ、代替や削減を求める社会をつくろう


畜産動物
当たり前のように日々の食卓にのぼる肉や牛乳や卵。その大量生産を支えるのは、牛や豚や鶏から自由を奪い、過密に飼育するシステムです。…more

工場畜産から放牧へ。そしてベジタリアンの健康的な食卓へ


毛皮・皮
身を飾るファッションのためにも、動物たちが犠牲になっています。安い毛皮がたくさん生産されているのは、狭いケージで養殖される動物たちがいるから。皮革製品のために犠牲になる生き物もいます。…more

美しさの価値を生命重視に変えていこう


野生動物
本来の生息地から引き離され、遠く日本で売られるエキゾチックアニマルたち。人間が幸せにすることはできません。捨てられてふえれば、日本の自然も壊します。…more

「野生由来の生き物は飼育しない」を社会合意に


動物園
野生動物は、毎日自然の中で自由に歩きまわり、走り、飛び、泳ぎ、その生活に適した体をしています。狭いスペースに閉じ込められて暮らすのは、とてもストレス。…more

動物園や水族館の動物の姿は本物ではないことを広めていこう


伴侶動物
動物の遺棄は犯罪です。自治体の動物収容施設に持ち込まれた犬猫や、飼い主のみつからない捕獲犬は、殺処分の対象になります。新しい飼い主や保護団体への譲渡を進める一方、収容状況や殺処分方法の改善へ向けた働きかけが必要です。…more

動物は終生飼育を。地元の動物愛護行政に関心を持とう

戻る