パブリックコメント

2月19日締切 遺伝毒性試験のガイドライン パブリックコメント

投稿日:

食品中に残留する動物用医薬品の安全性を評価する試験のうち、遺伝毒性試験のガイドラインについて、農林水産省が意見の募集を開始しました。

2010年にOECDテストガイドラインにin vitro哺乳動物細胞小核試験(培養細胞を使います)が加わったことを受けての改訂ですが、これらのin vitro試験を組み合わせることによって動物実験を標準的組合せから外すような設計にはなっていないようです。

少しでも動物実験を減らすことができるよう、ぜひ意見をお送りください。また、人が食べる畜産物のためにも動物実験が行われていることを広めていきましょう。

パブリックコメント詳細:
遺伝毒性試験に関するガイドラインについての意見・情報の募集の実施について

意見・情報受付締切日 平成25年2月19日(郵便の場合は消印有効)

意見送付の対象となっている文書は下記の2つです。
PDF ガイドライン案(英文)
PDF ガイドライン案(和文)

PDF 意見公募要領

メールは、このページの一番下、「意見提出フォームへ」をクリックして送信してください。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001660&Mode=0

◆ブログの更新通知をメールで受け取ることができます
メールアドレスを記入して「購読する」ボタンを押してください。登録用メールが届きますので、承認URLをクリックして登録してください。

-パブリックコメント

Copyright© PEACE 命の搾取ではなく尊厳を , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.