トップページ > 動物愛護法について > 東京都知事選候補者アンケート結果公表

東京都知事選候補者アンケート結果公表

動物愛護について聞きました!

アンケート結果はこちら (到着順)
  松沢しげふみ 氏
  宇都宮けんじ 氏
  笹川たかし 氏
  中松義郎 氏

12/5、東京都知事選挙の立候補者の皆さまに動物愛護に関するアンケートを送らせていただきました。お聞きした内容は以下のとおりです。

動物愛護に関する都知事選候補者アンケート

 
(1) 改正動物愛護法の施行について
本年、動物愛護法の改正が行われ、来年9月に施行が予定されています。主な改正点について、東京都でも重点的に取り組まれることを願っていますが、下記の取組みをすることに対し、どのようなお考えをお持ちでしょうか。

・ 犬猫の引取り拒否要件の徹底をはかり、殺処分の減少に努める   賛成 ・ 反対
・ 動物の対面販売の義務化(インターネット販売の禁止)の普及啓発、取締りに努める
                                 賛成 ・ 反対
・ 改正法に基づいた動物取扱業の監視強化に努める         賛成 ・ 反対
・ 罰則の強化について普及啓発に努める              賛成 ・ 反対

・ そのほか特に取り組みたいこと
                                      

 
                                                           
(2) 動物実験施設の所在の把握をすることについて

日本には、諸外国のような動物実験施設の許認可制や登録制といった制度はありませんが、国内では唯一兵庫県が、動物の適正な取扱いの観点から、動物実験施設に対しても条例で届出を求めています。(別紙参考資料添付
東京都においても、実験動物の適正な取扱いの観点からはもちろん、災害時の逸走対策、バイオセキュリティの観点などから、実験動物を飼育する施設の把握は必須だと考えますが、都知事となった暁には、このことについて積極的に取り組んでいただけますでしょうか。
 

取り組む(考えに賛成)  ・  取り組めない(反対)

 
(3) 動物愛護について、お考えがあればお聞かせください。

ご協力ありがとうございました!
お名前                   

 
<アンケート結果> 12月10日(月)締切ですが、ご回答いただいた順に掲載しています。

■ 松沢しげふみ 氏

(1) 改正動物愛護法の施行について
・ 犬猫の引取り拒否要件の徹底をはかり、殺処分の減少に努める      賛成
・ 動物の対面販売の義務化(インターネット販売の禁止)の普及啓発、取締りに努める 賛成
・ 改正法に基づいた動物取扱業の監視強化に努める               賛成
・ 罰則の強化について普及啓発に努める                      賛成

(2) 動物実験施設の所在の把握をすることについて

  考えに賛成

(3) 動物愛護について、お考えがあればお聞かせください。

 私も犬を飼っており、家族同様に大切にしています。
 殺処分が限りなくゼロになるよう努めます。

 

■ 宇都宮けんじ 氏

(1) 改正動物愛護法の施行について
・ 犬猫の引取り拒否要件の徹底をはかり、殺処分の減少に努める      賛成
・ 動物の対面販売の義務化(インターネット販売の禁止)の普及啓発、取締りに努める 賛成
・ 改正法に基づいた動物取扱業の監視強化に努める               賛成
・ 罰則の強化について普及啓発に努める                      賛成
・ そのほか特に取り組みたいこと

  動物愛護センターの役割やペット問題について広く議論できる場を設けたい。

(2) 動物実験施設の所在の把握をすることについて

  取り組む(考えに賛成)

(3) 動物愛護について、お考えがあればお聞かせください。

 動物、特にペットは人間と他の自然との生命のつながりを知る上でも重要な存在ですが、都市構造や住環境などのため放置され、殺処分によって処理されるのは問題です。可能な限り共生の方策を考えるのが人間としての責任であると考えます。

 

■ 笹川たかし 氏

(1) 改正動物愛護法の施行について
・ 犬猫の引取り拒否要件の徹底をはかり、殺処分の減少に努める      賛成
・ 動物の対面販売の義務化(インターネット販売の禁止)の普及啓発、取締りに努める 賛成
・ 改正法に基づいた動物取扱業の監視強化に努める               賛成
・ 罰則の強化について普及啓発に努める                      賛成
・ そのほか特に取り組みたいこと

  3年前衆議員選挙の時に公園で2頭を拾い、現在育てています。太郎次郎

(2) 動物実験施設の所在の把握をすることについて

  考えに賛成

(3) 動物愛護について、お考えがあればお聞かせください。

 責任をもって育ててほしいと考えております。
 私は妻が死去しておりますので、毎日プードルと一緒に寝ています。

 

■ 中松義郎 氏

(1) 改正動物愛護法の施行について
・ 犬猫の引取り拒否要件の徹底をはかり、殺処分の減少に努める      賛成
・ 動物の対面販売の義務化(インターネット販売の禁止)の普及啓発、取締りに努める 賛成
・ 改正法に基づいた動物取扱業の監視強化に努める               賛成
・ 罰則の強化について普及啓発に努める                      賛成

(2) 動物実験施設の所在の把握をすることについて

  取り組む(考えに賛成)

(3) 動物愛護について、お考えがあればお聞かせください。

 発明のこころは愛。
 愛のこころで動物を愛して護ります。

 

ご協力くださいました候補者の皆さまに、心より感謝いたします。
ありがとうございました!

戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加