トップページ > 動物愛護法について > 犬・猫の夜間展示ショップ ~規制導入後も継続

犬・猫の夜間展示ショップ ~規制導入後も継続

2013.7.1公開
2013.7.2追記
2013.7.8修正
2013.12.1追記

2012年6月より、販売業者、展示業者、貸出業者に対して、夜8時~朝8時の犬猫の展示が禁止されています。(参考

しかし、池袋北口出てすぐの場所にあるペットショップはカーテンを閉めずにその後も夜間展示を継続しています。改善されるまでの期間の営業停止命令を出すよう都に対して求めてきましたが、立入と指導が繰り返される形となっており、現在店側はカーテンを開けたまま、店舗前に展示が終了した旨の掲示をする対応をする場合もあるようです。最終的に確認した時点では、8時20分頃は、カーテン全開で通常営業でした。

(追記:掲示については、店を開けるならばカーテンを閉めるよう都から指導を受けていました。詳細はこちら。店側は都に対して8時以降は閉めていると言い訳しましたが、嘘でした。
追記2:その後、10時前の閉店と、8時すぎにカーテンを閉めて営業している状態を一度確認していますが、常にそうであるかどうかは未確認です。都は
、カーテンが厚くなり閉じていればOKという判断です。)

東京都の動物愛護相談センターは夜8時以降の立入という画期的な監視を行っていますが、このような違反店のために貴重な人員と予算が使われ続けることは、納税者としては本来は不本意です。

また、多くの国民の賛同を得て導入された規制が、このように長期間守られていないのが実態であれば、やはりそもそも生体の店頭展示自体をなくしていくべきという結論に至らざるを得ません。それによって動物愛護行政の監視業務の負担を減らすことを社会や国に訴えていかなければいけないと思います。

また、行政の限界もあるため、このような業者に対しては市民による監視も必要です。池袋へ行かれることのある方で店の場所をお知りになりたい方はご連絡ください。

通報先:東京都動物愛護相談センター 本所

これまでの店の様子 (通報は毎回しています)

 2012年12月28日 夜11時ころ

カーテンは全開。道側のガラスにはカーテンなどの遮るもの、なし。来客はなし。
店長の言い分は、「これから掃除をするところだかからカーテンを開けていた」「(東京都の)動物愛護(相談センター)とは話がついている。許可を得ている」など。(この時点までに昼間の立入は繰り返されていた。最後は11月で、指導を行っており、「許可を得ている」は嘘。)

1228 1228
 

 2013年2月3日 夜9時ころ

カーテンの多くは半開き。客は数名。皆、犬を覗き込んでいる。

0203 0203
0203 0203_4_b

 2013年2月26日 都のセンターによる夜8時以降の立ち入り実施

カーテンは開いていた。BGMがうるさかったので指導。経営者は不在のため、連絡をとるとのこと。

 2013年4月11日 夜10時45分ころ 

再びカーテン全開。都のセンターの指導によって、カーテンはレースではなくなっていたが、これでは意味がない。店員は不在。

0411

0411

 2013年5月7日 夜10時半すぎ 

カーテンは全開。男性客2人。

0507 0507_2

 2013年6月10日 夜9時すぎ 

カーテンは開けているが、8時以降は展示していないとの掲示が店の前に。規制逃れではないか? 道行く人は、外から犬猫を見ている。

掲示 0601_3_b
0610_1
外から犬猫を見ている人たち。

 2013年7月1日 都のセンターによる夜8時以降の立ち入り実施(2回目)

上記の掲示はされていたものの、自動ドアは手動に切り替えられており、入れなくはしてあった。店側の説明によれば、ここ2週間ほどは8時に閉店しシャッターを下ろしており、この日はたまたま仕入れの関係で開けていた。センターからは、店を開ける際にはカーテンを閉めるよう指導を行ったとのこと。

<8時閉店をまだ確認していませんが、7月2日現在の状況は以上のとおりです>

※その後、10時前の閉店と、8時すぎにカーテンを閉めて営業している状態を一度確認していますが、常にそうであるかどうかは未確認です。

 
listmaru 犬や猫を飼いたい時は……

  • 地元の自治体から迎えよう 地方自治体動物愛護行政リンク
  • 近くの動物愛護団体を調べてみよう 犬、猫の里親会(譲渡会)情報
  • いつでも里親募集中 いつでも里親募集中
    このエントリーをはてなブックマークに追加