トップページ > 動物愛護法について > テレビに映る動物たちの日常は?

テレビに映る動物たちの日常は?

2013.6.23掲載

横浜市金沢区に、動物園でもあると名乗っているペットショップがあり、テレビ番組などの撮影用に「タレント動物」を貸し出す事業もしています。この店の動物の飼養状態が悪いことは以前から知られており、行政の指導も受けていますが、今年、都内で開かれた展示即売会に出ていなかったことなどもあり、店の状態が気になったので行ってみました。

まず店内に入ると感じるのが強い臭気ですが、所狭しと置かれているケージ類には、多種多様な野生動物が十分なスペースもないまま入れられ、動物園とは言えない状態です。また、いわゆるエキゾチックペットや家畜だけではなく、犬や猫もいます。

店内には「天才!志村どうぶつ園」をはじめとする各種テレビ番組など、メディアでとりあげられたことに関する掲示や記事が随所に掲げられており、販売の利益と入館料だけではなく、撮影がこの店を支えていることがうかがい知れます。

テレビ タレント動物 テレビ出演

また、販売業者が示さなければいけない情報が明示されていないにもかかわらず「非売品」とも書かれていない動物もおり、動物園を名乗ることによって、販売の際にかかってくる規制のがれをしているのではないかと思える部分もありました。

問題と思われた点のうち、福祉面・管理面に係るものは下記に列挙しましたが、このような状態でも動物取扱業を継続できるのは疑問であり、業者の遵守基準の強化について検討がされる際には、犬・猫以外の動物にも十分配慮を行うものでなければならないと思います。

( )内は、遵守されていないと考えられた細目・基準の項目です。
取扱業細目:動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目
展示基準:展示動物の飼養及び保管に関する基準

 
1.全般的にケージが小さく、動物が自然な姿勢で立ちあがる、横たわる、羽ばたく、泳ぐ等の日常的な動作を容易に行うための十分な広さ及び空間がないケージもある。隠れ場、遊具等はほとんどなく、止まり木のない鳥類のケージもある。(取扱業細目:第3条一、第4条二、展示基準:第3(2)ア)

販売兼動物園 販売兼動物園

2.飼養期間が長期間にわたっているであろう動物について、走る、登る、泳ぐ、飛ぶ等の運動ができるような広さ及び空間がない。運動の時間が設けられているとも思えない。カンガルー、サーバルキャット、サル、ビーバー、カワウソ、家畜等は明らかに運動量が足りないと思われる。鳥類も飛べるスペースはまったくない。(取扱業細目:第3条一、第5条一リ)

販売兼動物園 販売兼動物園

3.水飲みが設置されておらず、いつでも水が飲めるような状態でない動物もいる。ペットボトルや皿が空になっている。(取扱業細目:第4条一)

noah5 販売兼動物園

4.においがひどい。1日1回以上の清掃が行われているのか。とくに鳥類については、ケージの底にふんや羽やエサが多量に落ちており、飲み水も汚濁している。ケージの底に金網等が敷かれていないため、ふん尿が体について汚れている鳥類もいる。ビーバーの水浴び用の水も薄茶色に汚れている。チンチラ、ウサギ、モルモットなどのケージも不衛生。(取扱業細目:第4条三、四)

販売兼動物園 販売兼動物園

販売兼動物園 販売兼動物園
 
5.ケージが所狭しと重ねられて動物同士が密着していたり、カンガルーといった体の大きな動物や、ビーバーやカワウソ、ペンギンのような水中を泳ぎまわる動物を狭い室内で飼育しており、飼養・展示している動物の数や種類が使用施設の構造及び規模に見合っていない。(取扱業細目:第5条一イ、第5条一レ)

販売兼動物園 販売兼動物園
コツメカワウソは、小さいケージの中で飲み水をひっくりかえしてしまっており、下の金網のすきまから手を入れて必死に水を触ろうとしていた。

6.ブタが滑る素材の床敷きの上に置かれ頻繁に足を滑らせている。足を痛める可能性もあり、動物に安全な飼育施設となっていない。(取扱業細目:第三条二)

販売兼動物園

7.狭いケージに複数動物が入れられており、過密になっている(モルモット、アヒルなど)。動物の数がケージの構造及び規模に見合っていない。(取扱業細目:第5条一ハ)

販売兼動物園 販売兼動物園

8.平日は12時から20時まで、土日祝は11時から20時まで営業しているが、動物の休憩時間はとっているのか。バックヤードに移して休憩時間をとるなどはせず、常時展示しているのではないか。(取扱業細目:第5条一ヌ)

9.客が常時触れることのできる動物もおり、動物に過度なストレスがかかっていると思われる。客にかまわれることを嫌がり威嚇している動物もいる。ケージに入れられている動物についても、ケージの側を通る際にツメやくちばしで客がけがをする可能性がある。客の手の消毒も徹底していないため、共通感染症にかかる危険もある。(取扱業細目:第5条五イ、展示基準:第4(3)ア)

噛むこともあります 「噛むこともあります」の表示。このように小さなケージに入れて、触れる状態の展示をしていること自体が信じがたいが……

10.販売動物について、以下の情報すら表示されていないものが多い。(取扱業細目:第6条二)

  • 品種等の名称
  • 性成熟時等の標準体重、標準体長等体の大きさに関わる情報
  • 性別
  • 生年月日
  • 生産地等

販売兼動物園 販売兼動物園

11.正確な種名を表示して販売していない。

販売兼動物園

12.従業員の目が届かない場所(1階階段下)にウサギ2匹が放置されていた。

販売兼動物園

数年前はゴキブリが大量発生していたとのことなので若干改善してきているのではないかと思われますが、以上、テレビに映る動物たちが日常どのような暮らしを強いられているのか、うかがい知る一助になればと思います。
 
戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加