トップページ > 科学の犠牲になる動物たち 動物実験・実験動物 > 霊長類の輸入数および国際取引状況

霊長類の輸入数および国際取引状況

■霊長類の輸入数推移(総数)

貿易統計からみた、日本の霊長類の輸入数の推移です。
霊長類の輸入数推移(総数)2005-2015

霊長類の輸入数推移(国別)

これを国別に見ると、下記のようになります。

年度 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
中国 3429 4537 5257 2911 3398 3538 2142 1247 1420 1942
ベトナム 1098 1496 1219 1252 863 1107 579 798 820 727
フィリピン 550 646 688 552 723 1007 774 474 495 705
インドネシア 346 1120 478 315 161 162 234 42 64
カンボジア 415 1358 2022 2608 3351
スリナム 146 35
オランダ 1
アメリカ 4 2
シンガポール 1 1
インド 20
5569 7834 7643 5030 5145 6229 5087 4584 5432 6727
年度 2015 2016
(1~6月分)
中国 2650 2421
ベトナム 492 990
フィリピン 125
カンボジア 1673 1119
4940 7834

霊長類の輸入数推移(国別)2005-2015

霊長類は、原則すべての地域から輸入禁止ですが、試験研究用または展示用のサル(厚生労働・農林水産大臣の指定を受けた試験研究機関または動物園で飼育されるもの)に限り、指定の地域から輸入可能です。すなわち、愛玩用の輸入は禁止です。

国としては、アメリカ合衆国、インドネシア共和国、ガイアナ協同共和国、カンボジア王国、スリナム共和国、中華人民共和国、フィリピン共和国(2015年9月~停止中)、ベトナム社会主義共和国から輸入できます。(それ以外は特例)

展示用の霊長類の輸入はごくわずかと考えられ、輸入のほとんどが動物実験用です。

※エクセルシートはこちら

参考:

■ワシントン条約でも取引量の多さが検討課題に

カニクイザルは、CITES(ワシントン条約)でも取引量が多いことについて懸念が持たれており、動物委員会で検討がなされています。その際の資料より、国際取引の現状です。

カニクイザルの国際取引

このエントリーをはてなブックマークに追加