ドイツ検察が動物実験に罰金刑求刑 日本も情報提供を!

まだ報道で知っただけの段階ですが、ドイツ検察がマックス・プランク生物サイバネティクス研究所に所属する科学者3人に対し、サルの脳に関する実験をめぐる動物虐待の罪で罰金刑を要求したとのこと。 独検察、サル実験で安楽死遅らせた … Continue reading

【御礼】動物愛護法改正署名10万筆!&緊急院内集会のご案内

動物愛護法改正国会請願署名、なんと10万筆を超えました! 皆さまのご協力に心より感謝いたします。 この声は、紹介議員を介して順次衆参両院に届けていきます。 国会請願になりますので、正式に両院の環境委員会にかかるものになり … Continue reading

【パブコメ締切3月7日】動物用ワクチンで動物実験削減が実現

動物用に用いられるワクチンにも、製造後出荷前に、品質が保たれているかどうかを確認するための国家検定が行われており、動物を用いた試験が採用されています。 しかし製造時の規格が普及し、品質の均一性が保たれるようになってきたた … Continue reading

【本日締切!】食品衛生規制に関連するパブリックコメント

またまた締め切り間際のお知らせで申し訳ありません。 厚生労働省が「食品衛生規制の見直しに関する骨子案(食品衛生法等の改正骨子案)」というとりまとめ文書について、本日(2月7日)までパブリックコメントを行っています。 飲食 … Continue reading

【2月24日締切】種の保存法施行へ向けたパブリックコメント

今年の6月1日に施行される改正種の保存法の政省令案についてパブリックコメントが行われています。動物の生体もしくは死体・パーツの利用に関連する項目には以下のようなものがあります。 希少種の保護増殖という点で一定の基準を満た … Continue reading

滋賀県に質問状/堀井動物園がこれまで逃がした動物リスト

めっちゃさわれる動物園がピエリ守山から退去を求められていることに関連し、昨日、滋賀県の動物保護管理センターに質問書を送付しました。今後の方針および、これまでの指導の状況について問い合わせています。 また、朝日新聞の報道が … Continue reading

北里大学獣医学部、2018年度前期より犬の外科実習廃止へ 

獣医学教育でもいよいよ始まった5、6年生対象の参加型臨床実習についての記事が、時事通信社の「厚生福祉」という雑誌に出ています(2018年01月05日 第6376号・合併号)。 執筆は、昨年の日本動物実験代替法学会市民公開 … Continue reading

【東京都】「東京におけるペットの飼育」アンケート結果が興味深い

都のサイトで、平成29年度第4回インターネット都政モニター「東京におけるペットの飼育」アンケート結果が公表されているのを都内で活動されている方のTwitterで知りました。(インターネット都政モニター500人に聞いて回答 … Continue reading

ワラビーまだ見つからず。センターの立入では飼育状況に指導も

岐阜県内のゴルフ場で捕獲作業によって死亡したシマウマのバロンを覚えていますか? あのときバロンが天王寺動物園から搬入された三国ウエスト農場に、バロンを預けていた所有者が、今度はベネットワラビー2匹(オスとメス)を逃がしま … Continue reading

<謹賀新年>戌年に寄せて~本年もよろしくお願いいたします

皆さま、新年あけましておめでとうございます。 旧年中は、ふれあい動物・移動動物園問題や動物愛護法改正キャンペーンなど、様々な局面・取組みにおいて非常に大きなサポートをいただきましたことを心より御礼申し上げます。 本年も引 … Continue reading