<堀井動物園>動物の過密輸送と長時間放置の件、県から回答

めっちゃさわれる動物園のライオンのリオンくんの情報が広まってすぐ、同じく堀井嘉智氏が経営する個人移動動物園「堀井動物園」について、別の情報提供がありました。 移動動物園開催地への輸送開始前日から夜間、長時間の動物の無人放 … Continue reading

鳥獣保護法施行規則改正 ボーガン・吹き矢も禁止猟法として明確に

先日、鳥獣保護法施行規則の改正について公表されました。この改正で、環境大臣が禁止する猟法として「弓矢を使用する方法」とされていたものが、「矢を使用する方法」に変わりました。 狩猟期間中に狩猟鳥獣に対してボーガンを撃った場 … Continue reading

NGO共同声明に賛同しました:調査捕鯨継続法案を廃止に

イルカに続いて、クジラでも信じられない動きが。 調査捕鯨の実施を「国の責務」に位置づけ、調査の継続のため財政支援などを求める新法が、先日閉会した通常国会で可決・成立しました。あっという間の動きです。 政策立案過程が不透明 … Continue reading

<水産庁傍聴記>イルカ2種が新たに捕獲許可の対象に……

報道がされていますが、イルカ2種(シワハイルカとカズハゴンドウ)に新たに捕獲枠が設けられ、合法的に獲ることができるようになってしまいました。 この時代に、まさかの許可対象種拡大です。要望していたのは和歌山県と沖縄県。 今 … Continue reading

JAZAが福祉についてステートメントを公表、非加盟園にも言及!

▲「めっちゃさわれる動物園」リオンくんのあまりに狭い環境(今年2月) 滋賀県のショッピングモール「ピエリ守山」内にある動物施設「めっちゃさわれる動物園」のライオン「リオン」くんが3メートル×4メートルほどしかないガラス張 … Continue reading

記事紹介「実験動物の苦痛と向き合う」 順化から術後ケアまで

医療ガバナンス学会のメールニュースに、実験動物を扱う現場からの記事が連続で掲載されています。第一弾、第二弾に続き、3回目はずばり、実験動物たちが経験することになる苦痛についてです。 「動物実験はやるのが当たり前、必要だ」 … Continue reading

動物の法的地位を非「物」化するために…動物の権利講演会

先月18日、市ヶ谷にあるセルバンテス文化センターが開催した「動物の権利 その起源と現在の課題」と題する講演会を聞いてきました。 講師は、動物法を専門とされているMarita Gimenez-Candela(マリータ・カン … Continue reading

兵庫県にのみ存在する動物実験施設の届出制。現在71施設に

日本以外の先進工業国では、実験動物の保護を目的とした動物実験施設の許認可制や登録制が導入されて久しいですが、日本では兵庫県に、条例で定める動物実験施設の届出制があるだけです。(詳細はこちら) 最新の届出数を調べたのですが … Continue reading