野生動物

オオカミと犬:CITES(ワシントン条約)では、交雑種も規制対象

投稿日:

動物愛護法で定められている特定動物の規制については、交雑種が対象外となっていることが問題になっています。

以前、ほとんどオオカミに近いオオカミ犬(もしくは表向きオオカミ犬と偽って流通・飼育されているオオカミ)が犬として飼育されている問題について取り上げましたが、これは、特定動物の規制においては犬として逃れられているだけです。

動物検疫については、以前ご報告した通りのルールですが、CITES(ワシントン条約)では、交雑種も規制対象です。

経済産業省に改めて確認しましたが、オオカミ(Canis lupus、CITES付属書IかIIには必ず該当)とイエイヌ(Canis lupus familiaris、CITES規制対象外)の交雑種については、4代前までに1匹でもオオカミの血が入っていればオオカミ扱いとなり、CITES上の輸入手続きを正式に踏まなければ輸入できません。

つまり、オオカミと掛け合わせることで99.9%オオカミにした「犬」を犬として輸入することができるなどというのは、虚言です。オオカミ犬を犬として輸入するなら、純粋オオカミの血は5代前以前に入った場合に限る。

CITESデータベースによれば、商業目的でのオオカミの日本への輸入は、2007年にカナダから3頭入ってきている記録が最後。
アメリカからは1989年の1頭が最後。

その後に入って来ているのであれば、犬と偽った密輸ということになります。

CITES付属書ではどうなっているか

オオカミ(Canis lupus)[Common Wolf; Gray Wolf; Timber Wolf; Wolf]

付属書I:ブータン、インド、ネパール及びパキスタンの個体群に限る。飼育された標本(Canis lupus familiaris 注:イエイヌのこと)及びディンゴ(Canis lupus dingo)を除く。他のすべての個体群は附属書IIに掲げる。
付属書II:附属書Iに掲げるブータン、インド、ネパール及びパキスタンの個体群を除く。飼育された標本(Canis lupus familiaris)及びディンゴ(Canis lupus dingo)を除く。

輸入報告数一覧

※日本の2017年までのオオカミ(オオカミ犬含む)の輸入の実績一覧。輸出国側と報告が一致していないレコードが結構ありますが、輸入国側の記録が正式な日本政府の統計になります。
※動物園用に輸入された個体を商用に流通させることも違反です。

◆ブログの更新通知をメールで受け取ることができます
メールアドレスを記入して「購読する」ボタンを押してください。登録用メールが届きますので、承認URLをクリックして登録してください。

-, 野生動物

Copyright© PEACE 命の搾取ではなく尊厳を , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.