PEACE活動報告ブログ

アスタリフトの富士フイルム、基礎研究も含め化粧品の動物実験廃止

PEACEを含む国内3団体で構成する「美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会」から、またしても朗報です!

「化粧品(医薬部外品含む)の商品開発に際し、外部委託も含めて動物を用いた試験は行なっていない」という方針を公式ウェブサイトに掲載した富士フイルムに対し、美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会がその真偽について確認を求めていたところ、3月3日付の書面にて

化粧品・医薬部外品の完成品・原材料ともに、外部委託を含め、動物実験を行っていない。また基礎研究においても実施していない

との回答を得ることができました。

経緯等詳細は、美しさに犠牲はいらないキャンペーンの下記ページをぜひごらんください。

※ただし、輸入化粧品に対して動物実験を課している中国への輸出や、化粧品による事故が発生した場合の原因究明など、動物実験を例外的に行う条件設定は、これまで動物実験廃止を表明した大手企業と同様です。また、富士フイルムが取り扱う化粧品以外の製品に対して動物実験が行われている場合があります。

それでも、化粧品目的の基礎研究や新規原料を市場に出すための国に対する薬事申請なども含め、原則として化粧品分野における動物実験の廃止が確認できたことは大きな前進です!

◆原料調達でも「動物実験なし」徹底を要望

この回答を受け、美しさに犠牲はいらないキャンペーンでは、富士フイルムに対し原料調達についても要望をしました。

化粧品の動物実験廃止にかかる調達先への周知徹底を求める要望書の全文は、美しさに犠牲はいらないキャンペーンのウェブサイトに掲載いたしました。

◆富士フイルムへあなたの声を!

2015年4月に化粧品の動物実験廃止を公表した花王グループがCFBの要望を受け、「(取引先に対し)動物実験の有無等の状況を新たな書式の書面ですべて確認により『動物実験していない原料調達』を徹底することとした」として、2015年秋から順次切り替え実施し始めました(関連記事)。

ぜひ富士フイルムに対して、動物実験廃止の決定にエールを送るとともに、花王同様、調達する原料に至っても動物実験がされていないことを徹底してほしいと要望してください!

富士フィルム グッドニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加