PEACE活動報告ブログ

【閲覧注意】中国・西安医学院の屋上で生きたまま放置された実験犬

006f8uEwjw1eyouiu1wr3j31w02iokjm

006f8uEwjw1eyoyccj679j318g0xc7m2

006f8uEwjw1eyp1ujdkn4j30qo0zk7d4

006f8uEwjw1eyp1ugv5lvj30hs0vk769

006f8uEwjw1eyp1umwrrij30xc18gar1

中国陝西省の西安医学院の屋上に放置された実験犬の様子です。息絶えている犬もいますが、中国の動物愛護団体「西安救助無私団体」がアップしている映像(下記)では、何匹かの犬がこの状態で動いています。あまりに状況が悲惨であり、この団体の呼びかけから火がついて、中国国内の各メディアで取り上げられました。

屋上の見える位置に住むマンション住人からは「餌をやるのを見たことがない」、「犬を殺す現場が見えた」などの証言があったとのこと。また、西安医学院が持つ動物実験許可は既に有効期限が切れており、しかも犬を実験に使うことは認められていなかったことも報道されています。

大学側は状況説明の文書を公開していますが、これは刑事事件にならなければおかしいでしょう。ニュース番組の中で、救助されて動物病院に収容されている犬たちの映像も紹介されているのが唯一の救いです。

日本語の報道もありました。

情報元の団体の「微博」(中国でシェアの高いSNS)のページはこちらです。

▼中国山東テレビ公式YouTubeより

このエントリーをはてなブックマークに追加