トップページ > 畜産動物 肉・卵・牛乳を考える > 家畜の係留・追込みおよびと畜についての指針

家畜の係留・追込みおよびと畜についての指針

動物福祉と生産衛生を考慮した家畜の係留・追込みおよびと畜についての指針

I.食肉処理施設における家畜の取扱いおよび処理
1.定義
 (1)適用家畜
 (2)用語の解説
   ①搬入 ②係留 ③追込み ④誘導 ⑤保定 ⑥スタニング ⑦ステッキング

2.家畜を取り扱う職員の資格および職員が知っておくべき家畜の行動内容
 (1)職員
 (2)行動に関する知識
   ②群行動 ②定位 ③臨界距離(フライトゾーン) ④視覚 ⑤嗅覚 ⑥聴覚

3.係留施設への家畜の搬入方法
 (1)牛の搬入にあたっての留意事項
   ①生体洗浄 ②係留施設への搬入 ③電気棒 ④係留
 (2)豚の搬入にあたっての留意事項
   ①修正 ②電気棒 ③分離収容

4.係留施設の構造と家畜の管理
 (1)係留施設の規模、設計
 (2)家畜別の係留施設の構造
    牛 ①面積 ②柵構造 ③床構造 ④給水 ⑤換気 ⑥照明 ⑦窓
    豚 ①面積 ②密度 ③床構造 ④シャワー ⑤給水 ⑥換気 ⑦照明 ⑧窓 ⑨騒音

 (3)係留施設での家畜の管理
    牛 ①長時間の係留 ②清潔 ③健康状態
    豚 ①長時間の係留 ②生体の冷却 ③清潔 ④騒音 ⑤生体の洗浄

5.スタニング施設への家畜の追込みおよび誘導施設の構造と追込みおよび誘導にあたっての家畜の取扱
 (1)追込み施設の構造
    牛 ①追込み施設
    豚 ①追込み施設 ②待機施設 ③誘導施設
 (2)

6)スタニング
7)スティッキング(喉刺)および放血
8)家畜の取扱とマネジメントなど

このエントリーをはてなブックマークに追加