工場畜産・家畜福祉

国際獣疫事務局(OIE)「陸生動物衛生規約」への日本政府意見

投稿日:

国際獣疫事務局(OIE)で検討が進行中の事項に対して日本政府が提出した最新の意見が農水省のサイトで公表されています。

動物福祉関係は、下記の3つに対して意見が出されていました。

第7.10章 アニマルウェルフェアと肉用鶏生産システム
第7.11章 アニマルウェルフェアと乳用牛生産システム
第7.X章 使役馬のウェルフェア

「馬が自然に立つことができない足枷は、いかなる状況においても禁止されるべきである。」とするなど、日本としては画期的な意見も出されていたのは注目です。

 が、下記のような、よくわからない意見も出されていました。「5つの自由」のような基本原理といえるものなら、引用して全くおかしくないと思うのですが……

‘5つの自由’は、OIE基準ではなく、国際的に認識された原則の一つであると考える。その特定の原則のみを引用するのは不適切である。

 また、動物の「ウェルフェア及び健康」を「健康及びウェルフェア」にしつこく変えたがっているのも、よくわかりませんでした。ウェルフェアについての章なので、表現上も、ウェルフェアを先に持ってこないのはありえないでしょう。「及び健康」は、あくまでウェルフェアによってもたらされる付随的なものと考えたほうが自然だと思います。

◆ブログの更新通知をメールで受け取ることができます
メールアドレスを記入して「購読する」ボタンを押してください。登録用メールが届きますので、承認URLをクリックして登録してください。

-工場畜産・家畜福祉

Copyright© PEACE 命の搾取ではなく尊厳を , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.