工場畜産・家畜福祉

アニマルウェルフェアに関する今後の取組みについて公開質問状

投稿日:

OIE(世界動物保健機関/国際獣疫事務局)は日本国政府も加盟する国際組織ですが、現在、畜種ごとに動物福祉に関するコードを順次定めていっています。

先日当ブログでもご報告しましたが、これまでの「アニマルウェルフェアと肉用鶏生産方式」「アニマルウェルフェアと肉用牛生産システム」に加え、2015年5月に「アニマルウェルフェアと乳用牛生産システム」のOIEコードが採択されました。

このことを受け、7月21日付けで、NPO法人アニマルライツセンターヘルプアニマルズと連名で、公開質問状を農林水産省へ送付しました。国際的な規約として策定されたOIEコードを日本でも守ってもらいたいというのが質問の主旨です。

質問の内容は以下のページに掲載いたしましたので、ぜひご覧ください。

(とりまとめをしてくださいましたアニマルライツセンター様に感謝いたします)


追記:
8月13日、回答がありました。こちらをご覧ください。

 
milkfarm_tokyo

◆ブログの更新通知をメールで受け取ることができます
メールアドレスを記入して「購読する」ボタンを押してください。登録用メールが届きますので、承認URLをクリックして登録してください。

-工場畜産・家畜福祉
-

Copyright© PEACE 命の搾取ではなく尊厳を , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.