PEACE活動報告ブログ

日本の犬肉・犬皮等の輸入量推移を更新しました

検疫統計からわかる日本の犬肉・犬皮・犬毛の輸入量を掲載していましたが、数字を最新のものに更新し、推移をグラフ化しました。

犬皮については、最近PETAアジアが中国の犬皮加工場の動画と写真を公開しました。犬を撲殺しているところから始まる、非常に衝撃的なものです。こういった、非人道的な方法で殺された犬の皮が、手袋、ベルト、上着の襟、猫のおもちゃ、アクセサリーなどとして、世界中に輸出されていると訴えています。

ただし、日本の検疫統計に出てくる犬皮の輸出元はほとんどがラオスであるため、上記ページに注釈を入れました。検疫統計は検疫の対象となるものしか数字が計上されないため、乾燥・塩蔵などを含む原皮のみの統計になっています。なめしたものや、加工して製品になったものは、検疫統計には計上されません。

これら輸入犬皮(原皮)の場合、用途として挙げられるものには練習用三味線の皮がありますが、PETAは中国で加工された後の犬皮製品の写真を公開しています。これらの加工製品は、犬皮であることを伏せられて売られているとのことですが、日本に入ってきていてもおかしくないようなものばかりです。もちろん検疫の対象にはならないので、上記の統計にも含まれてきません。

【閲覧注意】


Undercover Investigation: Dogs Bludgeoned and Killed in Leather Industryより

また、犬肉については、中国・玉林市で毎年開催されている犬肉祭の中止を求める署名が25万人を超えたことが報道されています。署名の主催団体の動画の再生回数も17万回を超えていますが、犬が盗まれるところをとらえた映像も含まれており、やはり衝撃的な内容です。この祭りのために、多くの犬が盗まれて集められています。

署名は下記から協力することができます。

Change.orgの署名(英語):
Please Shut Down the Yulin Dog Meat Festival in GuangXi China

【閲覧注意】

イルカ問題に関連し、海外の「文化」には口を出してはいけないかのような言い方がされることがありますが、動物の苦痛は国境を越えたからといって変わるものではありません。また、人間を神事のいけにえにしなくなってきたように、時代と共に人間の行いは変わるものです。「文化」を批判できないのであれば、奴隷制度もなくならず、あらゆる差別も許容されたままでしょう。

現実を知って判断・行動する必要があるのではないでしょうか。

dogmeat_import

このエントリーをはてなブックマークに追加