PEACE活動報告ブログ

<「倫理的消費」調査研究会>資料および中間とりまとめ公表

アニマルウェルフェアとエシカル消費、資料がアップされました

6月3日に開かれた第7回「倫理的消費」調査研究会の資料が消費者庁のページに公表されました。先日ブログにてご報告した日本女子大・細川先生の資料も掲載されています。

とてもわかりやすく、また共感できる内容だと思いますので、ぜひお読みください。

中間とりまとめにも動物福祉の文字が!

また、「倫理的消費」調査研究会の初年度の議論の内容について、中間とりまとめ文書も公表されました。傍聴者等にはこれまで案も開示されてきませんでしたので、初めて全貌が明らかになった形です。

内容としては、倫理的消費をめぐる状況や推進方策等について述べられており、倫理的消費によって解決すべき課題について個別に踏みこむ形はとられていませんが、報告事例についての列挙では、動物福祉についても言及がなされました。

「研究会においても、倫理的消費の具体例として、地産地消、被災地産品の応援消費、障害者支援につながる消費、フェアトレード商品、寄付付商品、エコ商品、リサイクル製品、資源保護等に関する認証付商品(森林保全、海洋資源の保全)の消費、地域の伝統品の消費、動物福祉につながる消費など、様々な例が出された。」(太字強調はPEACE)

委員の先生方の動物福祉への関心の高さからすると、全く触れられないのは不自然だろうとは思っていましたが、国内3団体で提言書を提出するなど働きかけを行ってきた立場としては、やはり一言入ったことに感謝をしたいと思います。

「あなたの消費が世界の未来を変える」というサブタイトルが、動物たちの未来にとっても明るいものであるように、今後の議論も注目していきたいと思います。

ethical

このエントリーをはてなブックマークに追加