PEACE活動報告ブログ

【イベント紹介】第9回基礎法学総合シンポジウム「動物と法」

PEACEの第1回動物保護法勉強会に講師としてお呼びしました浅川千尋先生が登壇されるシンポジウムをご紹介します。

主催は、基礎法学系学会連合と日本学術会議法学委員会となっており、このようなシンポジウムでも「動物と法」がテーマとして取り上げられるようになったことを感慨深く思います。しかも、紹介文には「人間中心主義は超えられるのか」!

環境省の動物愛護部会等で私たちにもおなじみの青木人志先生や、大型類人猿の権利保護で知られるスティーブン・ワイズ弁護士を日本に呼ばれたことのある嶋津格先生も登壇予定です。

この夏、法律と動物をめぐる考え方や歴史について専門家から学び、今後の活動に生かしましょう。

※当会が運営等に関わっているイベントではありません。


第9回基礎法学総合シンポジウム「動物と法」

野生動物・家畜・実験動物、動物裁判の歴史、動物保護の国際比較、動物保護団体の役割。
動物と法をめぐる多様な問題に法学者が挑む。人間中心主義は超えられるのか。

場所:日本学術会議講堂
日時:2015年7月4日(土) 13:00 - 18:00

主催:
・基礎法学系学会連合
日本法社会学会
日本法哲学会
比較法学会
法制史学会
比較家族史学会
民主主義科学者協会法律部会
・日本学術会議法学委員会

PDF ポスターPDF

動物と法シンポジウム

このエントリーをはてなブックマークに追加