PEACE活動報告ブログ

正気ですか? ドミノ・ピザのトナカイ虐待企画に意見を! 

12月1日、ドミノ・ピザより、今冬は見送るとの公表がありました。
ドミノ・ピザからの回答はこちら

トナカイ

冬季のデリバリー手段としてトナカイにピザを運搬させる企画を、宅配ピザの株式会社ドミノ・ピザ ジャパンが公式サイト上で打ち出しています。

これまで「降雪デリバリー対策室通信」として2回、この企画について公式サイトでリリースされていますが、多くの人が冗談だろうと思ったこの企画、11月24日には、なんと実際に動物プロダクションから借りてきたトナカイを調教しようとしている様子がYouTubeにアップされました。

群れを形成するトナカイを1匹だけにしている段階で既に不適切ですが、背中にピザ配達用のボックスを乗せようとして嫌がって逃げている状況なども映っています。肉体的にも虐待行為が是認されているのは驚きます。

また、撮影場所は関係者以外いない場所ですが、車両や人の行きかう公道に出したときにトナカイがどのような反応をするのか、未知数です。

野生動物をこのように人間の支配下に置くことを良しと考える企業ポリシーも時代にそぐわないものですが、仮に冗談企画としてやっているのだったら悪質極まりないものです。

domino-tonakai
(同社企画書より)

動画でも「(時速)80キロくらい出るという話」などと言っていますが、トナカイだけでデリバリー先に到着するはずがなく、結局は人がついて歩くのではないでしょうか?(コールセンターではあまり詳細は答えられないようです) であれば最初から人が歩いて運べばよいだけですが、「話題性」のために、本来家畜ですらない動物を引っ張り出してきているとしか思えません。

道すがら落ちる糞の処理をどうするのかも疑問です。放置はマナー上も許されませんが、処理した配達員が触った宅配容器をお客さんが触り、その手でピザを食べることになりますから、食中毒の懸念が高まります。

この点について、獣医師の先生から、トナカイでもO157保菌例があることを教えていただきました。子どもが喜ぶと思ってトナカイデリバリーを頼んだ家庭で、もし悲劇が発生したら? 話題性のためにトナカイを使ったことは激しく批判されることでしょう。

今の時代、動物に食品を運ばせるという選択はありえないのではないでしょうか? 

ドミノ・ピザに意見をお伝えください。同社は12月1日に続報を公表予定です。

同社公式サイト:

■意見を伝えてください

  • Facebookに意見を書きこむ。
  • 動画にマイナス評価を付ける。YouTubeに動物虐待として通報する。(通報は、「その他」から「報告」を選び、「暴力的または不快な内容」を選択、さらに「動物虐待」を選択)
  • 本社に意見を送る。
     株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
     メールアドレス:customer@dominos.jp
     フリーダイヤル:0120-838-204(受付時間:毎日11:00~20:00)
     住所:東京都千代田区岩本町1丁目10番3号

株式会社ドミノ・ピザ ジャパンへ送ったメール

動物保護団体のPEACEと申します。
御社が企画されている冬季のトナカイを用いたデリバリーの中止を求めます。

これまで、まさか冗談かもしれないという思いもありましたが、動画を拝見し、実際に「トレーニング」(?)が行われていることに驚愕いたしました。あのような様子を見て、動物の扱いが適切だと御社では考えているのでしょうか? このような企画に動物を貸す事業者は問題業者であり、御社がそのような業者にわざわざお金を払うということも信じがたいことです。

本来なら野生下で保護すべき動物を商業目的で飼育し、人間の娯楽目的で面白おかしく扱うことを御社は認めていることになります。このようなことを堂々と拡散することは、人間と動物の関係をより悪化させていくことになるでしょう。

すでにインターネット上では虐待との声も多数ありますが、多くの消費者を不愉快にさせることで御社に何か得があるのでしょうか。動物に触った社員が食品の容器を触り受け渡しをすることは、食品衛生上も問題があるのではないでしょうか。

このような馬鹿げた企画は、即刻中止してください。よろしくお願い申し上げます。


※さらに2通目でO157食中毒への懸念などを詳しくお伝えしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加