PEACE活動報告ブログ

トナカイデリバリーは中止。ドミノ・ピザから回答がきました

昨日、「12月1日に経過を公表する」としていた通り、ドミノ・ピザからトナカイデリバリーについてのリリース第3弾があり、今冬は見送るとの内容でした。

理由は「トナカイの制御が難しい」ためとのことで、当たり前と言えば当たり前ですが、そのようなことに生きたトナカイを運搬してきて調教していたことはやはり企業としての常識を疑います。

また、「今冬は」との表現は、来年以降へ向けて企画自体を継続する可能性もにおわせていますから、質問を送ったところ、本日回答がありました。


1.来年以降、まだ生きたトナカイを用いたデリバリー実施する考えがあるのか。
→今冬の企画として検討しておりましたが、見合わせる事になりました。今後同
様の企画を行う予定は今のところございません。

2.トナカイの調教は今後も行うのか。
→1でお答えしたとおり、現状としては今後同様の企画を行う予定は今のところ
ございません。

3.トナカイの調教は中止したのか。
→中止し、トナカイは牧場へと帰っております。

4.動画に写っている、実際に調教に使ったトナカイは現在、どうしているのか。
→飼育員と共に牧場へ帰り、現在も元気に過ごしている事を確認しております。

5.トナカイは、どこの業者から、何頭借りているのか。
→詳細はお伝え致しかねますが、企画を見合わせたため全て牧場へ帰っております。

この度はご不快な思いをお掛けしてしまい申し訳ございませんでした。
また、お時間を割いて貴重なご意見を頂戴し有難うございます。

恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

一番不快な思いをしたのはトナカイだということはわかっていただいているのかよくわからない結末でしたが、動物虐待企画は中止との回答ではあります。

協力した動物業者や、ユニーク企画として取り上げたメディアの方々にも反省をしていただきたいものです。

トナカイ

このエントリーをはてなブックマークに追加