PEACE活動報告ブログ

平成23年度 猫の殺処分数、17万匹台へ

注意:最新データは平成27年度です。


catimage2環境省のサイトに、平成23年度の「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」(注:リンク先は既に最新年度に書き変わっています)が公開されています。いわゆる殺処分数に関する国の公式統計です。

殺処分数は、いよいよ20万匹を切り、17万台に突入しました。自治体のみならず、譲渡活動・TNR活動などを行っている多くの方々の努力が反映された数字だと思います。社会の意識も向上してきていると思います。

それでもまだまだ膨大なこの数字、広く関心がもたれることを願っています。

平成23年度 殺処分数

犬   43,606 匹
猫  131,136 匹
合計 174,742 匹

これは、負傷動物の殺処分も合計すると、
犬44,783 匹
猫140,132 匹
合計 184,915 匹
になります。

paw 犬・猫の引取り

  引取り数 処分数
飼い主から 所有者不明 返還数 返還数のうち
幼齢個体
譲渡数 譲渡数のうち
幼齢個体
殺処分数 殺処分数のうち
幼齢個体
成熟個体 幼齢の個体 成熟個体 幼齢の個体
14,316 3,153 47,372 12,964 16,363 45 17,919 6,639 43,606 7,486
13,650 21,196 24,764 83,585 250 69 12,430 8,710 131,136 82,322
合計 27,966 24,349 72,136 96,549 16,613 114 30,349 15,349 174,742 89,808
(注)
合計欄の引取り数は、成熟個体と幼齢の個体の計である。(幼齢の個体は離乳していない個体)
引取り数の所有者不明の成熟個体には、狂犬病予防法に基づく抑留が含まれる。
引取り数の所有者不明には、一部、県・市条例に基づく収容を含む。
殺処分数には、幼齢個体などの保管中の病気等による自然死も含まれる。
成熟個体と幼齢の個体を区別していない自治体にあっては、成熟個体に計上している。

paw 負傷動物

  収容数 処分数
返還数 返還数のうち
幼齢個体
譲渡数 譲渡数のうち
幼齢個体
殺処分数 殺処分数のうち
幼齢個体
犬(負傷) 1,869 438 1 212 31 1,177 165
猫(負傷) 11,193 254 6 1,199 620 8,996 3,543

paw 「犬・猫の引取りからの処分数」と「負傷動物の処分数」の合計

  処分数
返還数 返還数
のうち
幼齢個体

( )内は割合
譲渡数 譲渡数
のうち
幼齢個体

( )内は割合
殺処分数 殺処分数
のうち
幼齢個体

( )内は割合
16,801 46
(0.27%)
18,131 6,670
(36.79%)
44,783 7,651
(17.08%)
504 75
(10.95%)
13,629 9,330
(69.39%)
140,132 85,865
(59.58%)
合計 17,305 121
(0.70%)
31,760 16,000
(50.38%)
184,915 93,516
(50.57%)

各年のデータへのリンクはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加