PEACE活動報告ブログ

環境省が平成26年度の犬・猫の引取り・殺処分数の統計を公表

注意:最新は平成27年度です。


環境省が平成26年度の犬・猫の引取り・負傷動物の収容状況に関する統計を公表しました。

犬の引取り(狂犬病予防法等に基づく捕獲収容を含む)53,173匹、猫の引取り97,922匹、
合計151,095匹

殺処分は、犬21,593匹、猫79,745匹、合計101,338匹。

殺処分数は、いよいよ10万匹台へ。

ただし、負傷犬猫も合計すると殺処分数は犬22,119匹、猫88,755匹、合計110,874匹です。

2014年度 殺処分内訳グラフ 環境省データより

paw 犬・猫の引取り

  引取り数 処分数
飼い主から 所有者不明 合計 返還数 返還数
のうち
幼齢個体
譲渡数 譲渡数
のうち
幼齢個体
殺処分数 殺処分数
のうち
幼齢個体
成熟個体 幼齢の個体 成熟個体 幼齢の個体
6,941 902 36,457 8,873 53,173 14,286 56 17,339 4,691 21,593 3,592
8,838 7,704 19,762 61,618 97,922 358 116 18,234 12,197 79,745 47,043
合計 15,779 8,606 56,219 70,491 151,095 14,644 172 35,573 16,888 101,338 50,635
(注)
幼齢の個体は主に離乳していない個体を示す。
引取り数の所有者不明の成熟個体には、狂犬病予防法に基づく抑留が含まれる。
引取り数の所有者不明には、一部、県・市条例に基づく収容を含む。
殺処分数には、幼齢個体などの保管中の病気等による自然死も含まれる。
成熟個体と幼齢の個体を区別していない自治体にあっては、成熟個体に計上している。

環境省サイトよりグラフ

paw 負傷動物

  収容数 処分数
返還数 返還数のうち
幼齢個体
譲渡数 譲渡数のうち
幼齢個体
殺処分数 殺処分数のうち
幼齢個体
犬(負傷) 1,083 304 1 235 40 526 71
猫(負傷) 11,996 322 17 1,968 987 9,010 3,436

paw 「犬・猫の引取りからの処分数」と「負傷動物の処分数」の合計

  処分数
返還数 返還数
のうち
幼齢個体

( )内は割合
譲渡数 譲渡数
のうち
幼齢個体

( )内は割合
殺処分数 殺処分数
のうち
幼齢個体

( )内は割合
14,590 57
(0.39%)
17,574 4,731
(26.92%)
22,119 3,663
(16.56%)
680 133
(19.56%)
20,202 13,184
(65.26%)
88,755 50,479
(56.87%)
合計 15,270 190
(1.24%)
37,776 17,915
(47.42%)
110,874 54,142
(48.83%)

自治体別データのPDFは下記になります。

昨年のデータについては下記をご参照ください。

それより前のデータへのリンクはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加