PEACE活動報告ブログ

めっちゃさわれる動物園ライオン行方不明、移動動物園中止等

めっちゃさわれる動物園関係でSNSでご報告していた件、ブログにもまとめてアップしておきます。

◆ライオンのリオンくんは行方不明

8月31日、公開質問状締め切りでした。文書では絶対に出さないであろうとはわかっていたことですが、めっちゃさわれる動物園及び堀井動物園からは回答は結局ありません。

そのような事業者だろうということはもうわかっていましたから、それ自体は驚きませんが、なんと8月12日から展示されていなかったライオンのリオンくんが、この公開質問状締め切り前に、ピエリ守山からどこかへ譲渡されていました。

特定動物の増減届が30日に出されており、書類上の譲り渡し日は8月29日付け。実際に動いたのは30日ではないかとも思っています。ピエリ守山での飼養・保管許可は30日に廃止となっています。(なお、恐ろしいことに守山と野洲の飼育場の許可は、まだ廃止になっていません!)

有志一同の皆さんと連名で双日商業開発株式会社に最後に問い合わせをしたのは9月2日にですが、その際の回答は以下の通りです(9月9日)。「動物園から」とは、めっちゃさわれる動物園から聞いているという意味で、動物園に行ったという意味ではないと思われます。

9月2日に頂きましたメールに関して下記、返答申し上げます。

リオンくんについては、より良い環境での飼育の実現に向け、現在、新しい環境で元気に生活を始めたと動物園から連絡を頂いております。

尚、動物園の運営について、当社はご質問にお答えできない立場にございますので、
その旨ご理解頂けたら幸いです。

当社におきましては、引き続き、地域の皆さまから喜ばれ、愛される施設作りを目指して、
施設の運営に取り組んで参ります。 

双日商業開発株式会社

「より良い環境での飼育の実現に向け、」ですから、まだより良い環境にはいないと考えざるを得ません。行き先が見つかるまで、もしくはほとぼりが冷めるまで、誰か個人が預かっている可能性が高いです。個人にしたのは、情報公開対策ではないか?とも疑います。従業員にも行き先を言っていないという念の入れようです。

特定動物の移動の通知書が追えたのは、京都市から大阪府まででした。大阪府に接する自治体では全て移動の通知書が出ていませんので、合法に移動させていて陸送限定であれば、大阪府内にいる可能性が高いです。

もちろん確証はありませんが、そもそもライオンをピエリ守山の目玉にしたがったのは所有会社のサムティであり、同社は大阪の会社です。堀井動物園の移動動物園の営業を請け負っているイベント会社も登記は大阪。大阪は縁が深いです。

大阪の皆さん、もしご近所でライオンの情報ありましたら、よろしくお願いします!

そして9月16日、ピエリ守山公式サイトの案内から、「ライオン」の文字がひっそりと削除されました。ギャラリーの写真からもいなくなっています。

めっちゃさわれる動物園は、現地展示場に「卒業」などと書いた貼り紙を掲示しているようですが、ウェブサイトでの告知などは行わず、ひっそりとライオンを闇に葬りました。リオンくん、いったいどこにいてどのような暮らしをしているのでしょうか…。

説明責任を果たさない事業者に怒りもわいてきますが、動物の行き先や生死等について「そこは言わないお約束」なのは動物業界全体の体質でもあります。

◆イオンモール各務原の珍獣ふれあい広場、中止に!

9月14日から10月10日まで開催予定だった移動動物園が、9月16日に中止。理由は台風とのことでしたが、いろいろ問題はありました。

  • O157が問題になっている最中に、ウシ科のヤクなどの家畜を含む動物をレストラン街前に設置。手洗いは?
  • 台風が来るのに、屋外で開催。アリオ八尾での移動動物園開催に台風が当たったときは、屋外でケージ類などにビニールシートをかけるだけの対応だった。
  • 過去に脱走しただけではなく、今年も脱走があったヤマアラシを連れて来ている。強風が予想されるのに脱走対策は大丈夫か?
  • 登録番号等は表示があったが取扱責任者の表示がなかった。表示するよう指導を依頼。滋賀県の3施設との兼務がないかが懸念事項なので、それも確認してもらったが、重複はないとのことだった。(だったら表示すればいいのでは?)

◆台湾でも記事が

公獅自殘 摸爽爽動物園爭議連環爆
http://www.tanews.org.tw/info/12830

このエントリーをはてなブックマークに追加