PEACE活動報告ブログ

ライオンのリオンくんでは知事に175件の意見が行きました

キリンの輸送の件では、またしてもセンターがぬるいことをやっていますが、そもそも滋賀県には、めっちゃさわれる動物園のライオン「リオン」くん炎上のときにこれだけの数の意見が行っています。(あくまで知事への手紙の集計ですので、センター直の通報は含まれていないはずです)

滋賀県「知事への手紙」受付状況(平成29年6月)

受付数

  計227通

主な内容

  動物取扱業の飼養環境について・・・175件
  禁煙週間における県庁敷地内全面禁煙の継続について・・・2件

滋賀県ウェブサイトより。

これについても、県としての見解すら結局出さず。

背景となる事情についても耳にすることはありますが、行政なのですから、違反かどうかが白黒つけやすい案件くらい合理的な調査・対応をするべきではないでしょうか。警察もですけど。「忖度」とか、よろしくないですね。

ライオンに限らず日ごろからこの業者に関する通報が多いため、滋賀県のセンターでは個別の回答は行わない方針となってしまっていますが、ほかの自治体の対応と比べると、これは本来あるべき姿ではないと思います。

とはいえ、問題業者が1カ所あるだけで行政のリソースが食われるという問題は全国で起きていますが……。

根本的解決は廃業(業の取消)しかありませんが、動物を抱えている現状を改善させない限りそれも難しい。のであれば、動物が入ってくる入り口を閉めるところから徹底してほしいものです。

意見送付先

このエントリーをはてなブックマークに追加