PEACE活動報告ブログ

めっちゃさわれる動物園のサーバルキャット死亡について補足説明

昨年3月に羽村市動物公園からめっちゃさわれる動物園へ移ったサーバル2頭のうち1匹が数日で亡くなっていた件に関連してご質問があったので、補足でご説明します。 質問は、滋賀県の動物保護管理センターが毎年出している「動物保護管 … Continue reading

環境省が全国自治体に通知「動物園等における安全確保等について」

環境省の「動物の飼養及び保管に関する通知」のページに、今年3月15日に出された「動物園等における安全確保等について」という通知が掲載されています。 全国の自治体へ向けて通知されたものですが、確かに去年から思い出しただけで … Continue reading

動物プロダクションのライオン咬傷事故―10年以上続いた細目違反

■30日以内にしなければいけない数の増減の報告を10年以上怠っていた 今年1月23日、千葉県成田市の動物プロダクションで、飼育しているライオンに社長と役員の2名が咬まれて重傷を負った事故がありました。撮影のためライオンを … Continue reading

めっちゃさわれる動物園、数日で死亡したサーバルキャットがいた

滋賀県の移動動物園「堀井動物園」が運営するショッピングモール「ピエリ守山」内の「めっちゃさわれる動物園」。不適切な動物の取り扱いが次々ネットで報告される中、ずぶとく、話題のアニメに便乗した企画をやったりしているようですが … Continue reading

堀井動物園に動物を売らないで! 去年、キリンが1か月半で死亡

先月、ピエリ守山・めっちゃさわれる動物園のライオン、リオンくんの、あまりにかわいそうな状態から炎上した堀井動物園で、新たな事実発覚です。 なんと、昨年キリンを輸入し、1か月半で死なせていました。 もう絶句です。 実は、こ … Continue reading

麻布大学回答 「サイエンス」誌論文は不正ではないが間違い訂正へ

以前、当会ブログでオオカミを合法的に飼育している個人は確認できないことをご報告したのですが、その際、犬のように育てられたオオカミを行動実験に使ったとされる麻布大学の論文の疑問点についてもご紹介しました。 この件に関し、当 … Continue reading

動物検疫など他法令ではオオカミ犬はどう判断されているのか?

オオカミ犬が動物愛護法上の特定動物の規制を逃れてしまう件ですが、ほかの法令ではオオカミと犬の境界はどのように扱われているのか確認しました。 厚生労働省 狂犬病予防法では、特に犬の定義はない。(だからオオカミ犬でも犬として … Continue reading

オオカミの飼養許可を受けている個人はいない(東京都のみ不明)

環境省が毎年、都道府県ごとの特定動物(注:人に危害を加える恐れのある危険な動物として動物愛護法上、指定されている動物)の統計を出しています。「動物愛護管理行政事務提要」という冊子に載っています。 以前は、イヌ科の動物は、 … Continue reading

1990年以降、アメリカで起きた飼育下の大型動物による事故の数

▼日本では「特定動物」に指定されている動物たちだ 1990年以降、アメリカで飼育下の大型動物が逃げたり、人を傷つけたり、殺したりした事故のリストをPETAが公開しています。 Bear Incidents in the U … Continue reading

マレーグマの悲惨な死~円山動物園に対し動物愛護法に基づく勧告

TwitterおよびFacebookでは意見送付の呼びかけなどを投稿してきたところですが、ブログでのご報告ができていなくて申し訳ありませんでした。7月24日、札幌市円山動物園でメスのマレーグマ「ウッチー」がオスの「ウメキ … Continue reading