名大遺伝子組み換え実験に厳重注意 動物実験も一時期停止措置

今年5月、遺伝子組み換えされたシロイヌナズナが学内に自生していることから発覚した名古屋大学の遺伝子組み換え実験の問題ですが、8月28日に文部科学省が文書での厳重注意を行いました。 植物を対象とした研究で起きた問題なので、 … Continue reading