宮崎大学回答 獣医学科実習について計画書の提出漏れ1件との回答

※最初に別タイトルでアップしてしまいましたが、現タイトルに修正いたします。申し訳ありません!   獣医系学部・学科での犬を用いる実習について、各大学の計画書をこちらにアップしていますが、この中で、宮崎大学については非常に … Continue reading

岐阜大学の著しい老朽化…動物実験委員会が訴える窮状  

国公立大学の獣医学部・学科での犬の解剖実習(中間報告版)のページの岐阜大学の部分を更新しました。 計画書は3年間有効のようなので、犬舎が屋外である件等と併せ、現在確認中ですが、先に岐阜大学で起きていることについて情報公開 … Continue reading

山口大学の犬を用いた実習、計画書がありませんでした  

先日、国公立大学の獣医学部・学科での犬の解剖実習(中間報告版)を公表しましたが、山口大学から回答が来ましたので、更新をしました。 計画書のあった獣医繁殖学実習以外に、解剖学、外科学、内科学における学生実習でイヌを用いた実 … Continue reading

(補足)山口大学の実習について

学部生の実習・実験に関連し、大学に確認をしました。2017年2月3日付け回答の大学からの回答です。 1.山口大学では動物の生体を用いる学生向けの実習について、全て実験計画書を出さなければならないルールになっているのでしょ … Continue reading

(補足)鹿児島大学の実習について

学部生の実習・実験に関連し、大学に確認をしました。2017年1月25日付け回答の大学からの回答です。 1.鹿児島大学では動物の生体を用いる学生向けの実習について、全て実験計画書を出さなければならないルールになっているでし … Continue reading

国公立大学の獣医学部・学科での犬の解剖実習(中間報告版)

先日、海外の団体が日本の獣医学教育における犬を用いた実習の廃止を求めてリリースを公表していました。 そこになぜか「カリキュラムの一部として犬を使用している大学は、日本獣医生命科学大学、北里大学、日本大学、東京大学、岐阜大 … Continue reading

酪農学園大学で動物実験計画書の提出がないまま牛の実習を実施

北海道江別市の酪農学園大学で、動物実験計画書が提出されずに牛の解剖実習が行われたとの情報があり、先月9日、大学に下記の質問書を送付するとともに、文部科学省にも要望をしました。 牛の放血死について、麻酔措置をしていなかった … Continue reading