PEACE活動報告ブログ

フクロウカフェが生きたフクロウを景品に!! 中止を要望 

追記:下記の企画は中止となりました!


メンフクロウ (※写真は記事とは無関係です)

売られるメンフクロウ(※写真は記事とは無関係です)

神奈川県、東京都のフクロウカフェ3軒が、集客のためのスタンプラリーで、生きたメンフクロウを景品としてプレゼントする企画をはじめたとのこと。20ポイントを溜めた人が全員応募でき、抽選で当選者が選ばれます。

生きた動物を景品(モノ)として扱うこと自体が動物の命への軽視ですが、飼育の難易度の高い動物の入手を安易に促すような企画はさらに疑問です。

そもそも野生動物をこのような業態で利用することについても、社会の理解が得られているとは言い難い状況にあるかとは思いますが、抽選イベントで生体プレゼントというのは動物愛護精神を著しく欠いた企画であると言わざるを得ず、動物保護団体4団体連名で中止・代替を求める要望書を送付しました。

趣旨については、下記のアニマルライツセンターのサイトもご参照ください。

 

フクロウの景品中止の要望書

この度、貴社にて生きたメンフクロウを景品にしたスタンプラリーを企画されておりますことを憂慮し、以下要望いたします。

・生きた動物を景品にする今回の企画を再考し、別の倫理的な景品(動物以外)に変更して下さい。
・今後、生きた動物を景品にして集客しないで下さい。

理由:
生きた動物を集客のための景品として扱うことは、「動物を景品にしても構わない」「動物の命は賞品になり得る」という判断を促してしまい、社会的モラルの低下を招く可能性があります。

さらに、スタンプ20ポイントを集めた人は無条件で応募でき、さらにそこから抽選で譲渡する相手を選ぶということは、当選者の適性飼育についてはなんの担保もない状態になります。すべての動物を飼育するためには、終生飼育ができる覚悟と環境、その動物の適正飼育についての知識が必要であり、譲渡する側の責任として審査がなされるべきです。とくに飼育が難しく特殊なフクロウにおいて適正な飼養環境と知識を備えている可能性は相当に低いものになります。

ご検討いただき、結果をお知らせ頂ますようお願い致します。

以上

要望団体:
アニマルウェルフェア推進ネットワーク
NPO法人 アニマルライツセンター
NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)
PEACE ~命の搾取ではなく尊厳を~

あなたの意見を届けて下さい ※企画中止に伴い連絡先は削除しました

■ふくろうの森
神奈川県平塚市宮の前8−4

■Cafe HOOT HOOT カフェ ホウホウ
東京都渋谷区神泉町10-16

■ふくろうカフェ 大倉山ふくろう神社
神奈川県横浜市港北区大倉山3丁目5-11

このエントリーをはてなブックマークに追加