PEACE活動報告ブログ

アメリカの意識調査:動物実験を道徳的に誤りとする人は過去最高

アメリカの調査会社ギャラップが行う道徳観についての世論調査の結果が公表されました。既婚者同士の不倫(最も許容されていない)からバースコントロール(最も許容されている)まで、様々な事項について、道徳的に受け入れられるかどう … Continue reading

アメリカNIH、全ての実験用チンパンジーを引退させ保護施設へ

18日、アメリカの国立衛生研究所(NIH)はいよいよ、米国政府が資金提供する医学研究において今後チンパンジーを用いないことを発表しました。残っていた50人のチンパンジーは引退し、3つのサンクチュアリに送られることになりま … Continue reading

<サーカス>指を切り落とされたメガネグマのチョリータをアップ

サーカス特設サイトにサーカスから保護されたメガネザルの「チョリータ」のお話を追加しました。動画つき。 ペルー:指を切り落とされたメガネグマのチョリータ 英語の元記事はこちらです。 Balding And Lonely C … Continue reading

<EU>動物実験によらない「複合汚染」の評価手法に関する報告書

化学物質がどのような作用を持つかについては、通常、単独の化学物質に関してしか試験や評価は行われていません。 ○○という化学物質の毒性については、○○についてだけ動物実験が行われていて、他の××や△△と一緒に暴露したときど … Continue reading

「Nature」誌論文、マウスに発生させた腫瘍が大きすぎて問題に

実験動物福祉に関する倫理規定違反事例を受けて、イギリスの科学誌「ネイチャー」が論文掲載規定の見直しを迫られていると、同誌のニュースが報じています。 2011年に「ネイチャー」に載った論文に関し、マウスの腫瘍が大きすぎると … Continue reading

1990年以降、アメリカで起きた飼育下の大型動物による事故の数

▼日本では「特定動物」に指定されている動物たちだ 1990年以降、アメリカで飼育下の大型動物が逃げたり、人を傷つけたり、殺したりした事故のリストをPETAが公開しています。 Bear Incidents in the U … Continue reading

海鳥のプラスチックの誤食、2050年までに深刻に~PNAS論文

以前、CFT(あしたへの選択)様と合同で文科省への提案を呼びかけをさせていただいた際に例示した映像「MIDWAY」は、プラスチック片を体に詰め込むほど飲み込んで死んでいく海鳥たちの記録です。 私たちの便利な暮らしが野生動 … Continue reading

<欧州>薬物動態についても動物実験代替へ~翻訳をアップ

「動物で実験するのでなければ難しい」と言われている分野は幾つかありますが、そのうちの一つ、「薬物動態(吸収・分布・代謝・排泄)」についても動物実験の代替を進めるため、欧州委員会直属の研究機関である「共同研究センター」(J … Continue reading