ふれあい

滋賀県に質問状/堀井動物園がこれまで逃がした動物リスト

投稿日:

めっちゃさわれる動物園がピエリ守山から退去を求められていることに関連し、昨日、滋賀県の動物保護管理センターに質問書を送付しました。今後の方針および、これまでの指導の状況について問い合わせています。

また、朝日新聞の報道があった直後に、サムティ株式会社・双日開発商業株式会社の両社有志一同で送った嘆願書及び問い合わせについて、全文をこちらに掲載しました。

両社とも、回答は差し控えるとのことでしたが、その後、中日新聞が裁判になる可能性について報じていますので、状況として回答できないのはやむを得ないのかもしれません。

この記事によれば、「ピエリ側は昨年末、新たに一年間の契約延長を文書で提案。契約延長の条件として、新たな動物を導入しないことや、事前承諾なしに報道取材を受けないことなどを挙げたという。同意の回答がない場合、『速やかに法的手段に移行する』としている」とのこと。

新たに動物を入れさせないというのは非常に重要なことだと思います。動物の行き先の問題はありますが、新たに入れなければかなりの数が死亡によって減少すると思われるからです。(もちろん、それを防ぐために動物のケアをするようになれば、それはそれでとてもよいことです。)

ただし、新しい動物が入っていないかどうかについては、ピエリ守山の社員がきちんとチェックしなければいけないだろうということなどを、別途追加で要望しました。

情報補足

堀井動物園・めっちゃさわれる動物園のまとめページに、これまでの動物脱走等について書き加えました。報道からわかるものだけなので、これだけではないと思いますが。

  • 2017年 めっちゃさわれる動物園からショッピングモール内へサソリが脱走
  • 2017年 野洲市の飼育場からヤマアラシ3匹が脱走
  • 2013年 守山市の飼育場からヤマアラシ3匹が脱走(朝日新聞)
  • 2010年 守山市の飼育場からカンガルーが脱走。
    栃木県内の動物園から連れて来たところで逃げた(朝日新聞)
  • 2007年 長岡市の北陸道上り線で肺魚を落下させた(朝日新聞)
  • 2001年 伊吹町の幼稚園で移動動物園中にラバ1頭脱走(中日新聞)
  • 1998年 「移動動物園ピンチ 滋賀・守山の飼育場 異臭に住民苦情」との記事(中日新聞)に、ラクダの交通事故、カバの脱走騒ぎとの記述がある(事故・脱走時期不明)
  • 1997年 京都市東山区の保育園で移動動物園中にラマ1頭が脱走(朝日新聞)

◆ブログの更新通知をメールで受け取れます
メールアドレスを記入して「購読する」ボタンを押してください。登録用メールが届きますので、承認URLをクリックして登録してください。

-ふれあい

Copyright© PEACE 命の搾取ではなく尊厳を , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.