ふれあい

めっちゃさわれる動物園、明日閉園! 特定動物無許可飼育裁判は、園長側が控訴

投稿日:2019年1月14日 更新日:

めっちゃさわれる動物園の最後の3連休が終わりました。
明日15日、いよいよ閉園です!

開園時には数々のメディアで取り上げられ、行政に対する態度も増長していたことが記録からもうかがえる堀井動物園ですが、一審有罪判決と共に常設展示施設は閉園です。

思えば、開園したころに一度ふれあいについて「かわいそうだ」という苦情が当会に寄せられ、滋賀県に指導を依頼しましたが、時間交代制にして、どの動物は何時までといったマニュアルをつくるなどと回答あったことは、最後まで対応されなかったのではないでしょうか。

閉園は、起きるべくして起きた結果だと思います。

今後は、飼育場に移されるという動物たちの行く末について、適正譲渡の指導や監視の強化を求めて行かなければなりません。皆様、引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

特定動物無許可飼育裁判は、園長側が控訴

昨年末に大津地裁で判決が出た動物愛護法違反裁判ですが、控訴期限であった1月10日の翌日に確認したところ、堀井動物園側から控訴の手続きがあったとのことです。検察側は控訴の意向なしとのことでした。

裁判は引き続き大阪高裁に持ち込まれます。

真に反省をしているのであれば、懲役がつかず罰金であることを感謝するべきだと思います。往生際が悪いという印象しかありません。

週刊女性で取り上げられました!

週刊女性が堀井動物園の問題を取り上げてくれました。既に一昨年になりますが、第二飼育場前で目撃した白骨化した羊の頭部についても取り上げられました。堀井動物園周辺の人々にも丁寧に取材されており、実態が浮かび上がる記事になっていると思います。ぜひお読みください。

記事は1月5日にアップされ、既に10日近く経っていますが、現在週間ランキングで4位、月間でも7位で奮闘中。「いいね」や拡散を、引き続きよろしくお願いいたします。

▼当会から提供した写真も使われています

フジテレビ「とくダネ!」で、とうとうお茶の間にも!

週刊女性の記事がきっかけとなり、フジテレビ「とくダネ!」から取材を受けました。メガネカイマンの口をぐるぐる巻きにして撮影に使うこと、死にかけのハムスターがいたこと、サソリの脱走があったことなど、テレビで報じられました。

動物を触らせるような業態について、これまで楽しい話題として取り上げがちだったテレビが、裏側を報じたという意味で、非常に画期的だったと思います。垣間見える現在の飼育場の様子や、過去の営業の様子など、貴重な映像も流されました。

ライオンのリオンくんを今預かっている動物商の関係者がインタビューに答えていたことは、少し驚きました。

◆ブログの更新通知をメールで受け取ることができます
メールアドレスを記入して「購読する」ボタンを押してください。登録用メールが届きますので、承認URLをクリックして登録してください。

-ふれあい
-

Copyright© PEACE 命の搾取ではなく尊厳を , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.