PEACE活動報告ブログ

種の保存法改正:動植物園等の公的機能推進方策のあり方の回終了

8月3日に開かれた「第3回絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律あり方検討会」で、いよいよ動植物園等の公的機能推進方策のあり方についてが議題になりました。 ■これまでの関連する投稿はこちら: 環境省の動植物園 … Continue reading

「JAZAは今後も野生鯨類の導入を禁止してゆくべきか」?

7月23日に、東京農工大学野生動物保護管理学研究室・東京海洋大学鯨類学研究室合同ミニシンポジウム「大型野生哺乳類との共存にむけて」というイベントがありました。 「JAZAは今後も野生鯨類の導入を禁止してゆくべきか」など3 … Continue reading

動物園生まれのコツメカワウソ、動物商経由でペットショップへ…

あるエキゾチックアニマル系のペットショップのサイトに、下記のような表示が出ていました。「CB」というのは“Captive Bred”の略で、飼育下で繁殖された個体という意味です。つまり動物園で生まれた個体だと書いてあるの … Continue reading

環境省の動植物園等の検討会傍聴~認定動植物園等(仮称)とは!?

ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、昨年度(平成27年度)にも、動植物園等公的機能推進方策のあり方検討会が2回開催されました。 3年連続で続いてきた同検討会による検討の最後であり、結論から言うと、種の保存法の改正に … Continue reading

<リーフレット&動画>「海の日」にサメたちのことを知ろう! 

きょうは「海の日」。 海洋の王、サメたちがさらされている危機について考え、アクションしてみませんか? ■リーフレット“Save Ocean Sharks” “Save Ocean Sharks”は、PETAアジアが発行す … Continue reading

ゾウのはな子記念行事について~武蔵野市長からの回答    

武蔵野市が、死亡した井の頭自然文化園のゾウのはな子のメモリアル事業を考えている件で意見を送りましたが、その回答が来ました(下記掲載)。はな子の飼育が動物虐待に当たるという考えがあることについても承知していると書かれていま … Continue reading

ゾウにがんが少ない本当の理由? 論文撤回には至らず……

論文撤回情報を扱うブログ「Retraction Watch」に興味深い事例が載りました。 日本でも報道された、ゾウにがんが少ない理由を遺伝子解析によって分析した米国医師会雑誌(JAMA)の論文に対し、アニマルライツ団体P … Continue reading

これからの水族館? アメリカの海棲哺乳類保護施設紹介アップ

先日、野生生物保全論研究会(JWCS)が開催した「【公開理論研究会】野生イルカの展示目的による捕獲問題をめぐって~動物園水族館 における野生動物飼育の『世界基準』が示すこと 」(話題提供:並木美砂子帝京科学大学教授)を聞 … Continue reading

天王寺動物園が譲渡・交換を行った動物たち(2014~15年度)

乗馬クラブから逸走し捕獲作業中に死亡したシマウマのバロンが天王寺動物園由来だということは電話ですぐ確認できましたが、天王寺動物園がバロンを放出した先の動物商は当初わからなかったため、情報公開請求を行いました。 その際、ほ … Continue reading

武蔵野市長に、はな子メモリアル事業のアイデアを送ろう!

井の頭自然文化園のゾウの「はな子」の死亡を受けて、武蔵野市長がメモリアル事業を実施する考えを示したと報道されています。 東京)武蔵野市長「はな子のメモリアル事業を」(2016年6月8日 朝日新聞) 祈念事業自体は悪いこと … Continue reading