<滋賀県>キリンの移動に関する問い合わせ

結局、堀井動物園のキリンの輸送時の違反(無届)については書類送検されたものの不起訴となりました。(ワシと霊長類の無許可飼育のみ起訴)。

キリン輸送時の無届については、事実が判明するまで、非常に長い道のりでした。もともとは、ある動物商が輸送時に必要な特定動物の届を出さずにキリンの輸送をしたと自慢していたという噂を2018年春頃に聞いたことから、堀井動物園のキリンではなかと疑いをもち、センターに調べてほしいと言ったものの、他自治体に問い合わせる法的根拠がないとして動かなかったことから、当会が通過したはずの主要自治体に聞き取りを行い、下記の指摘をしたのが発覚の発端です。(動物商が言っていたキリンが堀井動物園のキリンのことだったのかどうかは現在も不明です)

8月末日付で指摘し、その後、県センターが輸送ルートも調べず、堀井動物園側に「出しましたか?」と聞いて「出しました」という回答だったので一旦問題ないとして処理していたことなども発覚しましたが、最終的に再調査が行われ、違反が確定しました。

当会に「提出されていない」と回答した自治体にも堀井動物園は届を提出していたとしているそうですが、出発地点の自治体に提出していなかったことは認めました。詳細はこちらをご参照ください。


2017年8月31日

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課 御中

キリンの移動に関する問い合わせ

堀井動物園の件では大変お世話になっております。動物保護団体のPEACEです。同園に関し、追加で1点確認していただきたいことがありご連絡いたしました。

昨年、横浜市磯子区の動物検疫所から滋賀県野洲市の堀井動物園第二飼育場へ向け、特定動物であるキリンの移動があったかと思います。動物検疫所の記録によると出発は11月3日であり(別紙「指示書」予定係留期間参照)、堀井動物園の「特定動物飼養・保管数増減届出書」によると到着は11月4日のようです。

実は本年4月頃、「ある輸入商が特定動物の移動に関する通知書を通過自治体に出さないまま最近キリンを運んだと言っていた」という話を耳にしており(但し行き先は不明)、堀井動物園も前年まで通知書を出していなかったと始末書で認めていることと考え併せ、もしかしてと思い、通過しそうな自治体に確認してみました。
そうしたところ、昨年の11月にキリンに関し「特定動物管轄区域外飼養・保管通知書」が提出されているかどうかについては、以下のような回答でした。

横浜市:検疫所からの移動の通知書はない(横浜の動物園から埼玉の動物園までのキリンの移動の通知書はある)
神奈川県:出ていない
静岡県:出ていない
愛知県:出ている
三重県:出ていない
岐阜県:出ていたが、取り下げになっている(通過しないとの連絡あり)

横浜から愛知までは海路もありますが、そもそも横浜市内を通過していることは間違いないのに、横浜市に通知書が出ていないのはおかしいです。また仮に海路であったとしても、愛知から野洲までには岐阜か三重のいずれかを通らなければ運べません。三重で提出されていないのに、岐阜で取り下げになっているのも不可解です。

また違反をしていた可能性が否定できないので、堀井動物園に対し、ルート及び特定動物の移動を行ったのは輸入商か堀井動物園かいずれか等のご確認をいただけないでしょうか。
移動を行ったのが輸入商である場合には、その業者の所在地の自治体に詳細を通知していただけますよう、よろしくお願いいたします。もしくは再び堀井動物園に違反行為が確認できた場合には、厳正なご対処をお願いいたします。

先日伺った際の要望類への回答とは別途で構いませんので、結果についてお知らせください。よろしくお願い申し上げます。


参考ページ:

投稿日:2017年10月22日 更新日:

Copyright© PEACE 命の搾取ではなく尊厳を , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.