TAG

化粧品の動物実験

  • 2021年9月24日

「有名医科大のマウス実験で実証済!」などと宣伝していた育毛剤メーカーに対し、消費者庁が課徴金納付命令!

動物実験では医学的根拠にならないのに、「有名医科大のマウス実験で実証済!」などと宣伝していた育毛剤メーカーに対し、消費者庁が課徴金納付命令を出しました。 この行政処分を受けたのは、今年3月に、同じく消費者庁から措置命令を受けていた株式会社T.Sコーポ […]

  • 2021年9月7日

メキシコで化粧品の動物実験禁止が成立

9月2日、メキシコ連邦議会で、化粧品の動物実験の法的禁止が成立しました。北米で初、世界で41番めの国となります。メキシコ国内だけではなく、世界中のどこで動物実験されたものであっても、化粧品の輸入、製造、販売を禁止します。 この法案は、ヒューメイン・ソ […]

  • 2021年5月1日

経産省・業界団体・アカデミアで策定した「化粧品産業ビジョン」は、動物実験廃止へ向けたビジョンなし

4月26日、経済産業省のページに「化粧品産業ビジョン」なる文書が公表されました。 経済産業省:産学官による初の「化粧品産業ビジョン」を策定しました 経済産業省と日本化粧品工業連合会が立ち上げた「化粧品産業ビジョン検討会」(座長:伊藤 邦雄、国立大学法 […]

  • 2021年5月1日

動物実験を根拠にした宣伝にノー! 景品表示法に基づく措置命令が出ました

動物実験等を根拠にした宣伝に対し、景品表示法に基づく措置命令が出た! 動物実験しか根拠がないのに「体にいい」「効能がある」などと宣伝する広告がしばしば目につきますが、「人ではどうか」ということが立証されていないのに宣伝につかっているわけですから、景品 […]

  • 2021年3月11日

中国が一般化粧品の輸入についても動物実験義務づけを廃止する日は5月1日に決定

3月4日、中国が一般化粧品の輸入についても動物実験の義務づけを廃止するとしていたことについて、新たに施行日が5月1日に決まりました。 ただし、今のところ、動物実験なしで中国に輸出できることがはっきりしているのは、先日アップしましたとおり、フランスだけ […]

  • 2021年2月13日

化粧品の動物実験禁止について、世界の動向をまとめました

化粧品の動物実験を禁止している国の一覧をまとめました 化粧品の動物実験に対する法的禁止を完全もしくは部分的に行っている国の一覧を作成しました。動向があったときは、このページを更新していきます。 なかなかひとつづつご紹介できていないので、まとめてになり […]

  • 2020年1月12日

アメリカ:1月1日、3州で動物実験された化粧品の販売禁止が施行されました! 連邦法案も提出されています

2020年1月1日、アメリカでは、カリフォルニア州、ネバダ州、イリノイ州の3州で、動物実験された化粧品の販売禁止が施行されました! 2018年から19年にかけて成立していたクルーエルティ―フリー化粧品(動物実験されていない化粧品)に関する州法が施行さ […]

  • 2019年4月4日

ピアスグループは4月1日をもって化粧品の動物実験を廃止。ウェブサイトでも明記されました

新年度が始まっていますが、最初のグッドニュースです。 昨年、PEACE・JAVA・ARCの3団体で構成する「美しさに犠牲はいらないキャンペーン」のアクションに対し、2018年度をもって化粧品の動物実験を廃止するとの決定をしてくださっていたピアスグルー […]

  • 2018年12月31日

Rumicoさん個展「糸のさき」を見てきました。化粧品のために犠牲になる実験動物たち…

化粧品のために犠牲になる実験動物たちをテーマにしたRumicoさんの個展「糸のさき」、最終日の終了間際になってしまい「すみません!」と思いつつ、行ってまいりました。 とても愛らしい絵柄の動物たちだからこそ、動物実験という恐ろしいテーマが際立つ、とても […]

  • 2018年12月25日

厚生労働省がドレイズテストの代替法の1つについてガイダンスを発出

厚生労働省が、化粧品基準改正や医薬部外品承認申請時に使うことのできるドレイズテスト(ウサギを用いる眼刺激性試験)の代替法の一つである短時間暴露法(STE法)について、12月18日付けでガイダンスを出しました。 医薬部外品・化粧品の安全性評価における眼 […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG