CATEGORY

動物実験

  • 2021年9月24日

「有名医科大のマウス実験で実証済!」などと宣伝していた育毛剤メーカーに対し、消費者庁が課徴金納付命令!

動物実験では医学的根拠にならないのに、「有名医科大のマウス実験で実証済!」などと宣伝していた育毛剤メーカーに対し、消費者庁が課徴金納付命令を出しました。 この行政処分を受けたのは、今年3月に、同じく消費者庁から措置命令を受けていた株式会社T.Sコーポ […]

  • 2021年9月8日

オーストラリアでは実験用マウス・ラットのトップサプライヤーが廃業を公表

今年7月、オーストラリアのほとんどの大学や研究機関の医学研究に実験用マウス・ラットを販売してきたトップサプライヤーが、廃業を取引先に通知しました。オーストラリアの動物実験関係者には打撃が大きいようで、ネイチャー誌やサイエンス誌のサイトのニュースでも報 […]

  • 2021年9月7日

メキシコで化粧品の動物実験禁止が成立

9月2日、メキシコ連邦議会で、化粧品の動物実験の法的禁止が成立しました。北米で初、世界で41番めの国となります。メキシコ国内だけではなく、世界中のどこで動物実験されたものであっても、化粧品の輸入、製造、販売を禁止します。 この法案は、ヒューメイン・ソ […]

  • 2021年6月25日

健康食品チラシの動物実験について、九州大学から驚愕の回答! 偽りの研究成果が載っている

先日、動物実験しか根拠がなく、意味不明のグラフや、疑わしい比較写真などが使われている健康食品のチラシについてブログでご紹介しました。こんな怪しい内容でも見たら信じてしまう人がいるかもしれないので商品名は伏せましたが、乳酸菌の一種です。 マウスとニワト […]

  • 2021年5月1日

経産省・業界団体・アカデミアで策定した「化粧品産業ビジョン」は、動物実験廃止へ向けたビジョンなし

4月26日、経済産業省のページに「化粧品産業ビジョン」なる文書が公表されました。 経済産業省:産学官による初の「化粧品産業ビジョン」を策定しました 経済産業省と日本化粧品工業連合会が立ち上げた「化粧品産業ビジョン検討会」(座長:伊藤 邦雄、国立大学法 […]

  • 2021年5月1日

動物実験を根拠にした宣伝にノー! 景品表示法に基づく措置命令が出ました

動物実験等を根拠にした宣伝に対し、景品表示法に基づく措置命令が出た! 動物実験しか根拠がないのに「体にいい」「効能がある」などと宣伝する広告がしばしば目につきますが、「人ではどうか」ということが立証されていないのに宣伝につかっているわけですから、景品 […]

  • 2021年3月12日

ハーバード大学発のバイオ関連スタートアップ企業「医薬品開発の霊長類試験を減らすべきときが来た」

先ほど投稿した新日本科学のサルの実験施設の規模があまりに大きすぎて、絶望的に感じた方もいらっしゃったかもしれません。 それだけでなく、新型コロナウイルスのパンデミックが起きて以来、ワクチン開発などのための実験用サルが不足していると、しきりに喧伝されて […]

  • 2021年3月11日

実験用サルのべ1万7200匹の飼養許可を受ける新日本科学、外来生物法違反により許可更新が遅れる!

日本最大の実験用サルの施設で、許可の更新が遅れていたのは外来生物法違反のせいだった! 日本で最も多数の実験用霊長類を扱う企業は、鹿児島市に本社のある、株式会社新日本科学です。 昨年、PEACEでは、この企業の本社に併設される安全性研究所が、特定外来生 […]

  • 2021年3月11日

中国が一般化粧品の輸入についても動物実験義務づけを廃止する日は5月1日に決定

3月4日、中国が一般化粧品の輸入についても動物実験の義務づけを廃止するとしていたことについて、新たに施行日が5月1日に決まりました。 ただし、今のところ、動物実験なしで中国に輸出できることがはっきりしているのは、先日アップしましたとおり、フランスだけ […]

  • 2021年3月8日

本日パブコメ締切! 実験動物について大きく後退する東京都のハルスプラン(動物愛護管理推進計画)!

ハルスプラン(東京都動物愛護管理推進計画)改定案のパブコメ、本日締切 動物愛護法に基づいて都道府県が定めることになっている動物愛護管理推進計画について、各地の自治体が法改正に対応した改定版のパブリックコメントを行っています。 東京都も改定案のパブリッ […]

  • 2021年3月4日

国民生活センター、2013年に動物ではない方法を使っていたのに2016年に残酷な動物実験

消費者庁が平成25年(2013年)に、首からぶら下げるタイプの携帯型空間除菌剤によって化学熱傷を起こす事故が発生していると警告しているとの情報がインターネットで回ってきました。 中を確認したところ、当時は、動物実験ではない方法で刺激性を確認していまし […]

  • 2021年2月13日

化粧品の動物実験禁止について、世界の動向をまとめました

化粧品の動物実験を禁止している国の一覧をまとめました 化粧品の動物実験に対する法的禁止を完全もしくは部分的に行っている国の一覧を作成しました。動向があったときは、このページを更新していきます。 なかなかひとつづつご紹介できていないので、まとめてになり […]

  • 2021年2月12日

経済産業省の動物実験代替技術の開発に期待がかかる~「近い将来動物実験を実施できなくなる可能性が高い」

経済産業省の事業の中間評価報告書が公開されている 先日、経済産業省のバイオ小委員会の報告書が出たことを、ご紹介しました。 この文書の中で言及されている「再生医療・遺伝子治療の産業化に向けた基盤技術開発事業」について、昨年6月、中間評価報告書が取りまと […]

  • 2021年2月11日

<アメリカ>動物実験に使われる哺乳類は年1億1150万匹と推計されるが、マウス・ラットを政府統計が把握せず

アメリカの法規制と統計のしくみについて 一般家庭から犬や猫が盗まれ動物実験に売られていることが社会問題となったことなどが契機となり制定されたアメリカの連邦法「動物福祉法(AWA)」では、動物実験施設の登録制などが定められています。 しかし、その動物実 […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG