改正動物愛護法2年目の施行へ向けて動物取扱業者の飼養管理基準が策定されようとしています。犬猫以外の動物にも福祉基準を!
CATEGORY

動物実験

  • 2020年4月29日

動物実験用のSPFマウスでも衛生証明書の不備で輸入ができず、殺処分された事例が!

別件を調べていて、東京税関へ情報公開請求をした書類の中から、驚くべきものが出てきました。 平成28年(2016年)のことですが、日本へ空輸されてきたSPFマウスが、衛生証明書の不備のため、殺処分されていました。 SPFマウスとは、マウス固有の特定の病 […]

  • 2020年4月9日

日本医科学動物資材研究所、破産手続き開始との報道

1月末に「実験動物生産会社倒産の波が来る?! 老舗、日本医科学動物資材研究所が倒産」のエントリをアップしましたが、この実験動物生産会社について、4月1日、東京地裁から破産手続き開始決定がなされたという報道が出ました。 帝国データバンクによると「近年は […]

  • 2020年4月2日

マンダムと大阪大学が動物実験代替法開発の加速へ向けた協定を締結

株式会社マンダムと国立大学法人大阪大学が、2020年3月1日付けで、研究に関する協定を締結したというプレスリリースを公表しました。 研究者が「企業と大学」など複数の機関に所属しながら、研究開発や教育に従事することを可能にする「クロス・アポイントメント […]

  • 2020年3月1日

「動物福祉(アニマルウェルフェア)を考える議員連盟」設立集会

2月19日に新たに立ち上がった、「動物福祉(アニマルウェルフェア)を考える議員連盟」設立集会を傍聴させていただきました。 去年の動物愛護法改正では畜産動物や実験動物の取扱いについてなど積み残し課題があったことを受け、生方幸夫議員(立憲民主党)の発案で […]

  • 2020年2月26日

アメリカ食品医薬品局(FDA)が、使用後の実験動物の一般譲渡を認める方針を策定

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、医薬品等の承認審査や食の安全に関わる業務を行う連邦政府機関です。日本で言えば、厚生労働省などにあたるところ。 そのFDAが、実験に用いられた動物たちについて、一般家庭などへの譲渡を可能にするポリシーを昨年11月に定め […]

  • 2020年2月4日

日本動物実験代替法学会3Rs啓発委員会が高校・大学に出向いての「出前講義」受付開始!

Twitterなどでもご紹介しましたが、1月9日に日本動物実験代替法学会3Rs啓発委員会の専用ページが本格実施版に移行し、高校生・大学生(院生を含む)を対象とした出前講義の申し込みができるようになりました。 これは、日本動物実験代替法学会会員の登録講 […]

  • 2020年1月31日

実験動物生産会社倒産の波が来る?! 老舗、日本医科学動物資材研究所が倒産

先日、ある研究者の方から、ある大手の実験動物生産会社なども動物が売れなくなってきていて、今後、一定のラインを下回ったらクオリティを維持できなくなる、そうなるとガタガタっと日本の動物実験はだめになっていくかもしれないという話を聞きました。 国際的にも、 […]

  • 2020年1月27日

神戸学院大学の研究不正、氏名と研究費返還・停止が公表された。痛みに関する実験で論文取下げ…

結局、氏名も公表されている 神戸学院大学のマウスの動物実験での研究不正について、大学側はどの論文が不正だったかなど、詳細について公表を行っておらず、処分についても回答はしないとのことでしたが、本年1月20日、文部科学省の研究費配分機関である日本学術振 […]

  • 2020年1月12日

アメリカ:1月1日、3州で動物実験された化粧品の販売禁止が施行されました! 連邦法案も提出されています

2020年1月1日、アメリカでは、カリフォルニア州、ネバダ州、イリノイ州の3州で、動物実験された化粧品の販売禁止が施行されました! 2018年から19年にかけて成立していたクルーエルティ―フリー化粧品(動物実験されていない化粧品)に関する州法が施行さ […]

  • 2019年10月25日

化学メーカーによる業界団体も動物実験代替法に取り組む~2019年日化協LRI研究報告会

日本化学工業協会により毎年実施されている「日化協LRI研究報告会」が今年も開催され、午前中のみ聞いてきました。 日化協は、誰もが知っているような有名な大手化学メーカーも加盟する、化学製品製造業者らによる業界団体です。自分たちの売る原料や製品によって人 […]

  • 2019年10月25日

神戸学院大学のマウスを使った動物実験で、論文10本にデータ改ざんが発覚。大学からの回答は…

今年6月、神戸学院大が薬学部の30代助教が発表した論文10本でデータの改ざんがあったとする調査結果を公表しました。 報道によれば、「病気の原因を探るために行った動物実験のデータを、論文の趣旨に合うよう改ざんしていた」(神戸新聞)、「マウスに薬を投与し […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG