動物愛護法について

動物愛護管理法 動物保護法 動物福祉法
最新の出来事はブログの動物愛護法のカテゴリの記事をチェックしてください。
動物虐待、遺棄については伴侶動物のページをご覧ください

「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護法)は、人に飼育される全ての動物の保護にかかわる法律です。人が産業利用する動物も決して対象外ではありませんが、諸外国とは違い、実験動物や畜産動物の保護・福祉に関する具体的な規定に欠けています。今後もたゆまぬ改正へ向けた努力が必要です。

2019年の通常国会で無事、動物愛護法が改正されました。
法改正キャンペーンへのご協力を誠にありがとうございました。

今後は、2020年(一部は2021年と2022年)の施行へ向けて環境省が政省令等を整備していきますので、それに対する働きかけが必要になってきます。引き続きよろしくお願いいたします。

▼2019年改正法についての情報を順次をアップしていきます
2019年改正 動物愛護管理法 2020年 2021年 施行

▼PEACE、JAVA、ARCの3団体で行った法改正へ向けた活動については、こちらのページをご覧ください
動物愛護管理法 改正 まで 活動 履歴 アクション 呼びかけ 国会ロビー

第一種動物取扱業関連

2012年改正法施行後の話題

ブログの動物愛護法のカテゴリにも随時活動報告をアップしています。

過去の法改正について

▼2012年の動物愛護法改正の概要と、2013年の施行までの一連の動きについては、こちらのページにまとめました。
2012年改正 2013年施行 時系列 まとめ わかりやすくまとめました

今後の課題

地方自治体関連

ブログの動物愛護法カテゴリ最新記事

かなり遅くなってしまいましたが、活動報告です。7月27日、犬猫の殺処分ゼロを目指す動物愛護議員連盟の第9回動物愛護法PTがあり、アドバイザリーとして参加してきました。 この日は、印象に残ったことが2つあったのですが、そのいずれについても、動きがあった […]

今年、YouTubeがポリシーを変更し、偽の動物レスキュー動画が禁止されました。 新しいポリシーには「準備された危ない状況にわざと動物を置いて救助するコンテンツ」が新たに追加され、例として、「動物が救助される様子を撮影したコンテンツで、演出のために動 […]

オーストラリアのニューサウスウェールズ州(NSW、州都はシドニー)では、この6月、「動物虐待防止法(Prevention of Cruelty to Animals Act 1979)」が改正され、罰則が強化されました。動物虐待者に対し飼育禁止命令が […]

化粧品の動物実験廃止をめぐる国際情勢として、イギリス、アメリカ、OECDの動向をお伝えします。 目次 1 イギリスも、中国への一般化粧品輸出で、動物実験免除が可能に2 アメリカでは、新たに2州で化粧品の動物実験禁止2.1 メリーランド州2.2 メイン […]

6月 8日、全会一致で、銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)の一部を改正する法律案が可決成立しました。これにより、クロスボウ(洋弓銃、いわゆるボーガン)の所持が許可制となり、許可を受けた者以外の所持は禁止となりました。 許可される用途は、スポーツや動物麻 […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG