CATEGORY

動物虐待

  • 2021年6月14日

クロスボウ(ボーガン)の所持を許可制とする銃刀法改正が成立! 警察は無料廃棄を受け付ける

6月 8日、全会一致で、銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)の一部を改正する法律案が可決成立しました。これにより、クロスボウ(洋弓銃、いわゆるボーガン)の所持が許可制となり、許可を受けた者以外の所持は禁止となりました。 許可される用途は、スポーツや動物麻 […]

  • 2021年2月26日

クロスボウ規制が閣議決定 所持は許可制となり、許可を受けた用途以外の発射は禁止へ

24日、今国会に提出される銃刀法改正案が閣議決定され、殺傷事件が相次いだクロスボウ(洋弓銃、いわゆるボーガン)に対する全国的な規制が実現する運びになりました! 矢ガモや、世田谷一家殺害事件直前の猫殺害事件などから非常に長い年月が経っており、人が殺され […]

  • 2021年1月28日

大阪大学医学部付属病院の臨床検査技師が猫にアルコールをかけて火をつける動物虐待!

大阪大学医学部付属病院で働く臨床検査技師が、自分の飼い猫に消毒用アルコールをかけて火をつけて大やけどをさせたとして、書類送検されたとの報道がありました。 虐待した猫を自分で動物病院に連れていき、獣医師に問われて「消毒用のスプレーをかけて火をつけた」と […]

  • 2020年11月27日

カメ約40匹とトカゲ1匹を衰弱死させた疑いで動物取扱業者逮捕!

浜松で、販売のために飼っていた爬虫類を虐待死させた自称解体業の男(36歳、浜松市南区)が動物愛護法違反の疑いで逮捕されたとの報道がありました。 逮捕容疑は「2018年9月ごろから20年3月ごろまでの間、同市中区のアパートで飼っていたイシガメやクサガメ […]

  • 2020年9月17日

警察庁がボーガン規制へ 動物を殺害するなどの事件は10年で9件

今年6月、兵庫県宝塚市で4人がボーガンで殺傷された事件がありました。これを受けて、警察庁がボーガンの所持などに対する規制の在り方を議論する有識者検討会を開催することを決めたとの報道がありました。 23日に初会合が開かれ、計4回程度の開催を経て年末まで […]

  • 2020年5月28日

もうすぐ、改正動物愛護法の施行! 動物虐待罪の罰則が強化されます

去年改正された動物愛護法の1年以内施行分が、いよいよ6月1日から施行されます。 (注:業者基準や犬猫生後8週齢規制、販売犬猫のマイクロチップ義務化等は、まだ来年以降の施行です。) 改正法の内容については、こちらのページにまとめたものを載せています。詳 […]

  • 2020年4月16日

滋賀県内で起きてる虐待事件のうち1件、逮捕報道

▼この記事の続きです 滋賀県内で続く動物虐待事件。県警本部へ捜査を求める意見を送りました 4月14日、滋賀県警甲賀署が、動物愛護法違反の疑いで甲賀市の54歳の会社員の男を逮捕したという報道がありました。3月に甲賀市内で飼い猫がボーガンで撃たれた事件に […]

  • 2020年3月31日

動物虐待事件での検挙件数が年間100件超えに。うち、遺棄が49件も

新聞・テレビ各社が、動物虐待事件の年間の摘発件数が初めて100件を超えたと報道しました。事件の発生そのものがふえたというより、警察が検挙する数がふえただけかと思いますし、警察が取り合ってくれるようになってきたという意味では、良い傾向にあると感じます。 […]

  • 2019年8月18日

本日、インコ虐待事件の被疑者逮捕から1カ月。追悼ツイートに参加中

本日、有志の皆さんが犠牲になった鳥たちの追悼ツイートアクションをとられています。PEACEも参加中。ご参加、リツイートお願いいたします。(1つめの埋め込みツイート参照) また有志の方々は、裁判所への嘆願書送付も呼び掛けていらっしゃいます。(2つめの埋 […]

  • 2019年8月10日

環境省が平成30年度動物の虐待事例等調査報告書を公表

環境省が動物の虐待事例等調査報告書の平成30年度版を公表しました。主に新聞報道された動物の虐待等の事例(殺傷、虐待、多頭飼育による飼育環境の悪化等、遺棄)と、判例等から成っています。1件1件について細かい記載はないですが、網羅的に知るにはとてもよい資 […]

  • 2019年6月15日

イタリア:リミニのイルカ水族館の監督者と獣医が動物虐待罪で有罪に

イタリアの動物権利団体LAVが2019年4月30日に公表したところによると、リミニ(イタリアの都市の名前)の裁判所は、リミニのイルカ水族館の監督者と獣医を動物虐待で有罪にしたとのことです。イタリアでもヨーロッパでも、この種の判決は初めてのものとのこと […]

  • 2018年10月1日

動物愛護法改正の動き~殺処分ゼロ議連の条文化会議に参加しました

国会は閉会中ですが、殺処分ゼロ議連(犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟)の動物愛護法改正PTでは、条文化作業のための会議が続けられています。実際に法案の条文を書く部局である衆議院法制局や、法律を所管する環境省も同席で検討を進めていきます。 また […]

  • 2018年7月29日

<海外ニュース>ロシアの動物虐待に関係する法改正情報

ロシアの動物虐待に関する法改正について国会図書館がまとめた記事が2つアップされていますので、そこから内容をご紹介します。 ロシア連邦刑法典改正 【ロシア】動物虐待防止に関する法改正 ロシアでは、動物虐待の罰則は日本の「刑法」にあたる法律で定められてお […]

  • 2018年2月21日

ドイツ検察が動物実験に罰金刑求刑 日本も情報提供を!

まだ報道で知っただけの段階ですが、ドイツ検察がマックス・プランク生物サイバネティクス研究所に所属する科学者3人に対し、サルの脳に関する実験をめぐる動物虐待の罪で罰金刑を要求したとのこと。 独検察、サル実験で安楽死遅らせた研究者3人に罰金刑を要求 2月 […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG