CATEGORY

クジラ・イルカ

  • 2021年7月11日

日本に現れた野生のシロイルカ「コリン」の思い出

日本沿海はシロイルカ(ベルーガ)の生息域ではありませんが、ときどき、群れからはぐれた、はぐれイルカがあらわれることがあります。 オホーツク海とつながる海水湖である能取湖に、去年、船のスクリューによる事故で死ぬまで、はぐれシロイルカのコリンが棲み着いて […]

  • 2021年7月6日

民営化に向け、須磨海浜水族園の動物たちはどうなるのか。動物の行き先についての回答

民営化へ向け、動物の移動が始まったスマスイ 5月10日に、神戸市立須磨海浜水族園(スマスイ)が、雄ラッコの「ラッキー」の死亡を公表しました。スマスイに雌雄1匹ずついたうちの1匹で、飼育下のラッコでは国内最高齢とのことでした。(ラッキーは1998年5月 […]

  • 2021年3月28日

#イルカのハニーを忘れない #ハニー追悼アクション 始まりました。オンラインアクションは明日29日!

ハニー追悼アクション、始まっています! 街頭でアクションしてくださっている皆さま、シェアで拡散してくださっている皆さま、大変ありがとうございます! 昨日は下記の4カ所で街頭アクションが実施されました。 🔹京都・国際漁業廃止デーアクション 🔹名古屋・金 […]

  • 2021年3月19日

3月29日はイルカのハニーの命日。オンラインアクションに参加してください。SNSで追悼メッセージの投稿を!

犬吠埼マリンパークで、ひとりぼっちのイルカのハニーが亡くなって 1年がたとうとしています。 3月29日はハニーの命日。 ハニーを忘れないために、イルカショーをおわらせるために、 ハニー追悼アクションをおこないます。 オンライン(SNS)アクション 3 […]

  • 2021年2月5日

韓国が第一次水族館管理総合計画(2021~2025)を策定。新規水族館は鯨類展示等禁止へ。動物に乗る・触るなどの体験も罰金へ

新たにつくられる水族館ではイルカを含む鯨類の飼育・展示・観覧は全面禁止。イルカに乗ったり触ったりする体験も禁止へ― 韓国の海洋水産府が先月21日、このような内容を含む「第一次水族館管理総合計画(2021~2025)」を公表しました。この計画は、「動物 […]

  • 2020年8月11日

イルカ死にすぎの上越市立水族博物館「うみがたり」、第三者検討委員会始まる

せっかく買ったイルカ6頭のうち、4頭が既に死亡した上越市立水族博物館「うみがたり」 上越市からの回答には第三者検討委員会のことすら載っていない イルカの死亡が続き、ついにシロイルカは全滅となった上越市立水族博物館「うみがたり」ですが、市長名で教育総務 […]

  • 2020年7月7日

シロイルカも野生からの捕獲が国際的に批判されている

シロイルカ(ベルーガ)って、どんな動物? (クジラ目ハクジラ亜目イッカク科,学名:Delphinapterus leucas) 北極海、アラスカ、カナダ、ノルウェー、ロシアの極北、オホーツク海などに生息。 体長は4メートルから5.5メートル。白い体と […]

  • 2020年7月7日

イルカが次々死ぬ上越市立水族博物館「うみがたり」! ショー廃止の意見を送ろう

2018年6月にリニューアルオープンした上越市立水族博物館「うみがたり」で、この2年間の間にイルカが次々死んでいます。 当初、指定管理者である株式会社横浜八景島が運営する「横浜・八景島シーパラダイス」からハンドウイルカ4頭(メス3頭、オス1頭)とシロ […]

  • 2020年5月24日

ハニーの生涯から水族館問題を考える 日本にもイルカサンクチュアリを!ハニー通信第2号を発行

日本にもイルカサンクチュアリを!ハニー通信第2号 先日、「日本にもイルカサンクチュアリを! ハニー通信」第2号を発行しました。今号は、三つ折りリーフレット形式になっていますので、データで見るときはご注意ください。 犬吠埼マリンパークのイルカのハニーの […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG