改正動物愛護法2年目の施行へ向けて動物取扱業者の飼養管理基準が策定されようとしています。犬猫以外の動物にも福祉基準を!
CATEGORY

クジラ・イルカ

  • 2020年8月11日

イルカ死にすぎの上越市立水族博物館「うみがたり」、第三者検討委員会始まる

せっかく買ったイルカ6頭のうち、4頭が既に死亡した上越市立水族博物館「うみがたり」 上越市からの回答には第三者検討委員会のことすら載っていない イルカの死亡が続き、ついにシロイルカは全滅となった上越市立水族博物館「うみがたり」ですが、市長名で教育総務 […]

  • 2020年7月7日

シロイルカも野生からの捕獲が国際的に批判されている

シロイルカ(ベルーガ)って、どんな動物? (クジラ目ハクジラ亜目イッカク科,学名:Delphinapterus leucas) 北極海、アラスカ、カナダ、ノルウェー、ロシアの極北、オホーツク海などに生息。 体長は4メートルから5.5メートル。白い体と […]

  • 2020年7月7日

イルカが次々死ぬ上越市立水族博物館「うみがたり」! ショー廃止の意見を送ろう

2018年6月にリニューアルオープンした上越市立水族博物館「うみがたり」で、この2年間の間にイルカが次々死んでいます。 当初、指定管理者である株式会社横浜八景島が運営する「横浜・八景島シーパラダイス」からハンドウイルカ4頭(メス3頭、オス1頭)とシロ […]

  • 2020年5月24日

ハニーの生涯から水族館問題を考える 日本にもイルカサンクチュアリを!ハニー通信第2号を発行

日本にもイルカサンクチュアリを!ハニー通信第2号 先日、「日本にもイルカサンクチュアリを! ハニー通信」第2号を発行しました。今号は、三つ折りリーフレット形式になっていますので、データで見るときはご注意ください。 犬吠埼マリンパークのイルカのハニーの […]

  • 2020年4月16日

2020年4月、日本のイルカ展示施設の動向 みさき公園閉園など

イルカを飼育している施設一覧ですが、この年度初めに大きな変更がいくつかあったので、先日修正しました。(気が付いておらず修正できていないところがありましたら、お知らせください。) 1つイルカショーを行っていた園が廃業しましたが、一方でまた1つ新しい水族 […]

  • 2020年4月14日

犬吠埼マリンパーク、イルカのハニーの健康状態に関する保健所の詭弁

犬吠埼マリンパークのハンドウイルカのハニーが死亡したことについて、死亡公表直後に保健所に電話したとき、3月18日の最後の立入り(ハニーが生きている間の最後の立入り)では、「今まで1月2月末とやってきましたけれども、全く状況は変わらずというところで」と […]

  • 2020年3月1日

批判を受けてイルカショーを廃止する予定の香港オーシャンパーク

昨年、日本動物園水族館協会が開催した第2回アジア地域動物園水族館協会連携会議シンポジウム、興味深い話がいろいろあったのでレポートしたいと思いつつ数カ月経ってしまいました。 実は、演者の中で唯一、何やら感じがとっても悪かったのが香港オーシャンパークでし […]

  • 2020年1月24日

富戸のイルカ追い込み猟マニュアルは全面墨塗り

静岡県に対し、いとう漁協富戸支所が行うイルカ追い込み猟のマニュアルの改訂について情報公開請求をしましたが、マニュアルについては全面墨塗りの非開示。水産庁とのやりとりについても、内容がわからないように墨塗りされています。県のマニュアルにはせず、民間組織 […]

  • 2020年1月13日

水族館に幽閉するために野生動物を捕まえないで! いとう漁協にイルカ追い込み猟の中止の要望

富戸のイルカ追い込み猟再開の決定を受けて、昨年、ユネスコ国際地質科学ジオパーク計画(IGGP)へ「伊豆半島ジオパーク」の認定取り消しを求める要望書を送りました。しかし、その後もイルカを捕獲するために、いとう漁協富戸支所が探索船を出したことが報じられて […]

  • 2019年10月21日

伊東市富戸のイルカ追い込み猟:世界中から200を超える団体が「伊豆半島ジオパーク」の認定取り消しを要望

静岡県のいとう漁協富戸支所によるイルカ追い込み猟再開の公表を受け、PEACEおよび認定NPO法人アニマルライツセンター(ARC)は、18日、ユネスコの国際地質科学ジオパーク計画(IGGP)に対し「伊豆半島ジオパーク」の認定取り消しを要望するレターを送 […]

  • 2019年7月31日

ウェブサイト更新情報:JAZA・WAZAへのアクション経緯まとめについて

動物園・水族館のページがゴチャゴチャしてきましたので、日本動物園水族館協会(JAZA)が追い込み猟からのイルカ導入廃止を決定するに至るまでの活動に関するコンテンツを独立したページにまとめました。 決定は2015年のことですから、もう4年も経ちますが、 […]

  • 2019年6月15日

イタリア:リミニのイルカ水族館の監督者と獣医が動物虐待罪で有罪に

イタリアの動物権利団体LAVが2019年4月30日に公表したところによると、リミニ(イタリアの都市の名前)の裁判所は、リミニのイルカ水族館の監督者と獣医を動物虐待で有罪にしたとのことです。イタリアでもヨーロッパでも、この種の判決は初めてのものとのこと […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG