CATEGORY

クジラ・イルカ

  • 2018年8月31日

犬吠埼マリンパークのイルカのハニーを助けて! 経過報告2

いよいよ海外でも報じられました。ますます拡散が広まっています。ご協力くださっている皆さま、大変ありがとうございます! といってもハニーをめぐる状況は動いていないのですが・・・ここ数日間で起きたことをまとめました。 8月25日 街頭アクション報告 8月 […]

  • 2018年8月25日

イルカのハニーを助けて!ご協力感謝&経過報告 引き続きよろしくお願いいたします

▲イルカのハニーを助けて! はがきアクション展開中! 8月12日にやっと立ち上げることができた「イルカのハニーを助けて! はがきアクション」に大変な反響をいただいており、本当にありがとうございます。実のところ、ここまで拡散されるとは思っていなかったの […]

  • 2018年8月12日

閉館した犬吠埼マリンパークに残るイルカのハニーを助けて! はがきアクションのお願い

▲ハニーを助けて! はがきアクションにご協力ください 今年1月末に閉館となった犬吠埼マリンパークですが、現在もイルカのハニーはまだ、ひとりぼっちで外のプールにいます。かつて和歌山県太地町で捕獲された、野生生まれのイルカです。 マリンパークにはかわいそ […]

  • 2018年5月21日

全国のイルカウォッチングに関するシンポジウムを聞いてきました

5月19日土曜日は、東京海洋大学で開催された「日本クジライルカウォッチング協議会(JWDC)」のシンポジウムへ行ってきました。日本各地のウォッチングの現状や、観察されている野生イルカの行動など、興味深い話を聞くことができました。 イルカと一緒に泳ぐス […]

  • 2018年4月14日

イワシクジラの流通停止を求めるNGO共同声明に賛同しました

絶滅のおそれのある野生生物を過剰に消費しないよう、国際取引にルールを設けているのがワシントン条約(CITES)です。付属書に掲載されている動植物種の輸出入には規制がかかっており、特に付属書Iは商業取引禁止です。(ただし、学術研究や、商業用に繁殖された […]

  • 2018年3月2日

【補足】韓国は昨年、実質的な日本イルカ輸入制限を決めていた

韓国で日本からのイルカの輸入禁止決定がなされたことについてこちらの記事でご紹介しましたが、昨年(2017年)10月2日の段階のリリース日本語訳も準備していたので、後からになりますが、参考までアップします。 韓国では、5つの水族館で、日本から輸入された […]

  • 2018年2月27日

韓国からグッドニュース! 日本からのイルカ輸入禁止決定されました

超グッドニュースです!! 韓国で、日本・太地からのイルカの輸入を禁止する措置が決定されました。何事もなければ、3月の閣僚会議(次官会議)を通過次第、すぐに施行されるとのことです。日本のイルカ猟がお得意先の一つを失うわけですから、とても重要な決定です。 […]

  • 2017年11月16日

犬吠埼マリンパークからの回答&水質検査の結果は…

犬吠埼マリンパークへの質問書に連名をさせていただいていますが、回答及び水質検査の結果が送られてきました。LIB(リブ:Animal Liberator.net)さんのFacebook投稿をリンクいたしますので、それぞれご確認ください。 率直な印象です […]

  • 2017年10月30日

NZ論文 飼育下のシャチ(オルカ)の歯の損傷は全頭に及んでいた

ニュージーランドのオタゴ大学歯学部などの研究グループが、飼育下のシャチ(オルカ)に関する調査結果を論文にまとめ公表。 なんと、調査した飼育下のシャチ29頭全てに歯の損傷が見られたそうです。 プールのコンクリートや金属(ゲート等)をかじることで生じるも […]

  • 2017年6月22日

NGO共同声明に賛同しました:調査捕鯨継続法案を廃止に

イルカに続いて、クジラでも信じられない動きが。 調査捕鯨の実施を「国の責務」に位置づけ、調査の継続のため財政支援などを求める新法が、先日閉会した通常国会で可決・成立しました。あっという間の動きです。 政策立案過程が不透明で国民的議論がないままという、 […]

  • 2017年6月22日

<水産庁傍聴記>イルカ2種が新たに捕獲許可の対象に……

報道がされていますが、イルカ2種(シワハイルカとカズハゴンドウ)に新たに捕獲枠が設けられ、合法的に獲ることができるようになってしまいました。 この時代に、まさかの許可対象種拡大です。要望していたのは和歌山県と沖縄県。 今年になって、算出根拠となる調査 […]

  • 2016年10月19日

国際捕鯨委員会(IWC)第66回総会に向けての共同声明に賛同

 10月20日から28日にかけスロベニアで開催される国際捕鯨委員会(IWC)の第66回総会に向けて、イルカ&クジラ・アクション・ネットワークおよび国際環境保護NGOグリーンピース・ジャパン呼びかけの共同声明に賛同しました。  実質は鯨肉用の捕殺だとし […]

  • 2016年8月9日

「JAZAは今後も野生鯨類の導入を禁止してゆくべきか」?~ミニシンポジウム「大型野生哺乳類との共存にむけて」参加感想

7月23日に、東京農工大学野生動物保護管理学研究室・東京海洋大学鯨類学研究室合同ミニシンポジウム「大型野生哺乳類との共存にむけて」というイベントがありました。 「JAZAは今後も野生鯨類の導入を禁止してゆくべきか」など3テーマについて、学生が賛成・反 […]

  • 2016年6月20日

これからの水族館? アメリカの海棲哺乳類保護施設紹介アップ

先日、野生生物保全論研究会(JWCS)が開催した「【公開理論研究会】野生イルカの展示目的による捕獲問題をめぐって~動物園水族館 における野生動物飼育の『世界基準』が示すこと 」(話題提供:並木美砂子帝京科学大学教授)を聞いてきました。 詳細な報告は同 […]

  • 2016年6月18日

<米国>ボルチモア国民水族館がイルカサンクチュアリ計画公表

すでにイルカショーを廃止しているアメリカのボルチモア国民水族館ですが、新たに海にサンクチュアリを創設し、2020年までに飼育中のイルカたちを移す計画を公表しました。北米初のイルカサンクチュアリ計画とのことです。 水族館のサイトにすでにFAQなどが掲載 […]

  • 2016年5月21日

イルカふれあいプールでの事故例についてアップしました(日本)

鳥取の海水浴場に野生のイルカが現れたことが報じられ、イルカの危険性について日本ではあまり知られていないのではないかということがインターネット上で話題になりました。 野生イルカについてもそうなのですから、まして「ふれあい」と称して飼育されているイルカで […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG