CATEGORY

書籍・映画紹介

  • 2020年4月20日

【書籍紹介】『ビーガンという生き方』

ビーガンという生き方 マーク・ホーソーン[著] 井上太一[訳] 緑風出版/205頁/2200円+税 ISBN-10: 4846119025 ISBN-13: 978-4846119027 最近、ビーガン(ヴィーガン、vegan)という語を、テレビなど […]

  • 2019年6月17日

ドキュメンタリー映画『アジア犬肉紀行』、無料配信開始!

以前、内容の紹介と上映会のお知らせをしました反・犬肉ドキュメンタリー映画『アジア犬肉紀行』ですが、いよいよインターネットでの無料配信が始まったそうです! 下記の公式サイトでご覧頂けます。ご覧の上、拡散もぜひお願いいたします。 http://www.a […]

  • 2019年5月5日

【寄稿】ふたつのゾウの物語〜『かわいそうな象を知っていますか』、『ダンボ』

ゾウをめぐる2つの物語について寄稿をいただきました。映画『かわいそうな象を知っていますか』と『ダンボ』についてです。 ドキュメント映画『かわいそうな象を知っていますか』は、こちらからネット公開版にリンクしていますので、ぜひご覧ください。 また先日、こ […]

  • 2019年4月22日

映画『かわいそうな象を知っていますか』NET無料配信版は日本の畜産動物・実験動物の現状も

昨年12月、上映会のご報告をしました動物ジャーナリスト佐藤榮記監督のドキュメント映画『かわいそうな象を知っていますか』にNET無料配信版(1時間24分)ができました。 上映会版は、動物園という牢獄で苦しむ動物たちの現状が、これでもかと伝わってくる内容 […]

  • 2018年12月21日

明日、ドキュメント映画『かわいそうな象を知っていますか』公開

今年3月の院内集会でご講演いただきました動物ジャーナリストの佐藤榮記監督の新しいドキュメント映画『かわいそうな象を知っていますか』が公開されます。 犬吠埼マリンパークのイルカのハニーのことを拡散してくださいました、ずーシャキさんのアニメーションも挿入 […]

  • 2018年10月28日

<書籍紹介>『だからカバの話』宮嶋康彦著 朝日文庫

『だからカバの話』 宮嶋康彦 著 ISBN:9784022612595 現在版元のサイトでは「品切れ・再販未定」となっており、中古でしか手に入らない古い本ですが、堀井動物園の話が出てくるのでご紹介します。日本の動物園の歴史を紐とくにもよい本です。図書 […]

  • 2018年10月21日

空前のカワウソブームに警鐘! TRAFFICが緊急評価報告書を公開

野生生物の国際取引監視を行う「TRAFFIC」が、日本のカワウソブームにともなう密輸急増を受け、生体取引の実態調査に関する報告書を公表しました。 いわゆる「ペット」としてのカワウソの販売の状況や、カワウソカフェの生体の由来、またブームの背景になってい […]

  • 2018年6月16日

書籍紹介『動物実験の闇: その裏側で起こっている不都合な真実』

動物実験の闇: その裏側で起こっている不都合な真実 マイケル・A. スラッシャー著 井上太一訳 合同出版   動物実験については、なかなかその内実が表に出てきません。 かつて欧米で動物実験に対し批判が高まった背景には、動物実験に携わる科学者だったにも […]

  • 2017年3月28日

雑誌「厚生福祉」~動物実験に代わる試験法の特集記事掲載

時事通信社の雑誌「厚生福祉」の2017年03月17日付 第6311号・合併号に、動物実験代替法に関する特集記事が掲載されています。 資生堂と花王が共同で開発した皮膚感作試験法「h-CLAT」がOECDのテストガイドラインに採用されたことを受けて、日本 […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG