【書籍紹介】「私たちはなぜ犬を愛し、豚を食べ、牛を身にまとうのか カーニズムとは何か」

私たちはなぜ犬を愛し、豚を食べ、牛を身にまとうのか
メラニー・ジョイ 著 玉木麻子 訳
青土社

肉を食べる人たちが持っている信念とは何なのか? それを「肉食主義(カーニズム)」と名付け、深く分析した社会心理学者メラニー・ジョイの著作の翻訳が出ました。

脱動物搾取の考えには「ビーガニズム」という呼び方がありますが、広く一般の人が持っている動物に対する信念は、意識されることもなく、まして名前をつけられることもなく、当たり前のものとして社会に受け入れられてきました。それを解体する試みをしたのがメラニー・ジョイです。

「サピエンス全史」のユヴァル・ノア・ハラリが前文を書いていました。
肉を食べ革を使うことは当たり前のことなのか? 徹底的に考えてみるきっかけになる1冊です。どうか広く読まれますように。

PEACEではビーガン関連情報をInstagramで発信しています

 

関連記事

動物たちの現状について知り、ライフスタイルを見直そう! 哲学・倫理学 トム・レーガン『動物の権利・人間の不正』 動物実験 増補改訂版『犬が殺される―動物実験の闇を探る』 『犬が殺される―動物実験の闇を探る』 『動[…]

書籍紹介
アクションをお願いします

日本が最大の消費国 ジャコウネココーヒー「コピ・ルアク」の取り扱い中止を求めるアクション [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/stop-kopiluwa[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG