NO IMAGE

搾取される動物たちを描いたイラストレーションの展示会

現代社会における動物の取り扱いを風刺し、スペインの動物擁護団体FAADAとタイアップもしているイラストレーター、ロジャー・オルモスの原画が代官山の蔦屋書店に展示されています。絵のタッチなどは、動画をぜひご参照ください。

とてもこじんまりとした展示でしたが、書籍も買うことができます。22日まで。

ラテン・ビート・イラストレーション! アナ・フアン、ロジャー・オルモス、アレハンドロ・マガジャネス ラテン圏を代表するイラストレーターが大集合!

期間:2014年10月7日(火) – 10月22日(水)
場所:蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース
開館時間:7:00~深夜2:00(営業時間)
主催:代官山 蔦屋書店

【プレスリリースより】

ロジャー・オルモス(ろじゃー・おるもす)
1975年バルセロナ生まれ。ロンハ・アヴィニョ美術工芸学校でイラストレーションを専攻する。
同時に4年間、科学的なイラストレーションを描くことに費やし、スペインや海外にて本や雑誌を出版する。
1999年、2002年、2005年にはイタリアで開催されたボローニャ国際児童図書見本市に選ばれる。
主な受賞歴にスペインの児童図書を対象にしたLazarillo de Álbum Ilustrado 2008がある。

SinPalabras/ Senza Parole (Wordless) from Fundación FAADA on Vimeo.

アクションをお願いします

動物実験施設にサルを空輸するワモス・エアに中止の意見を! [sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/action/wamosair.html target=] ブロイラー[…]

活動分野別コンテンツ

活動報告ブログ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG