動物は人間のための道具ではありません。動物がその動物らしく生きられるよう、私たちがライフスタイルを変えていきましょう。
CATEGORY

工場畜産・家畜福祉

  • 2020年4月20日

【書籍紹介】『ビーガンという生き方』

ビーガンという生き方 マーク・ホーソーン[著] 井上太一[訳] 緑風出版/205頁/2200円+税 ISBN-10: 4846119025 ISBN-13: 978-4846119027 最近、ビーガン(ヴィーガン、vegan)という語を、テレビなど […]

  • 2020年3月1日

「動物福祉(アニマルウェルフェア)を考える議員連盟」設立集会

2月19日に新たに立ち上がった、「動物福祉(アニマルウェルフェア)を考える議員連盟」設立集会を傍聴させていただきました。 去年の動物愛護法改正では畜産動物や実験動物の取扱いについてなど積み残し課題があったことを受け、生方幸夫議員(立憲民主党)の発案で […]

  • 2020年3月1日

OIE採卵鶏福祉コード最終案に対する日本政府意見があまりに残酷

OIE(国際獣疫事務局)が策定作業中で、今年5月に採択予定の採卵鶏の福祉コード最終案について、先日、日本の動物保護団体が連名で要望書を提出したことをご報告しました。 その後、日本政府がOIEに対して提出した意見が農水省のサイトで公表されていますが、あ […]

  • 2019年12月26日

OIE採卵鶏福祉コード最終案への要望書に賛同しました&令和元年度第2回OIE連絡協議会

12月18日に、令和元年度第2回の「国際獣疫事務局(OIE)連絡協議会」を農林水産省が招集しました。今年9月に開かれたOIEコード委員会の報告書で提示されているコード改正案に対し、各国政府からのコメントの締切りが迫る中の開催です。真剣に意見を聞いてか […]

  • 2019年6月14日

7月7日、動物愛護法改正報告会&法律に見放された動物たちを守るための勉強会を開催します!

6月12日、動物愛護法改正が成立しました。メディアは、犬猫の生後56日齢規制の実現(一部例外あり)とマイクロチップ犬猫販売時義務化、動物虐待罪の罰則強化等に限った報道しかしていませんが、その他にも多くの改正事項が実現しました。 法案が委員会にかかるま […]

  • 2019年6月10日

岐阜大学から再度回答ありました。初の改善写真付きでした!

岐阜大学で、動物実験委員会が応用生物科学部学部長あてに実験動物飼養保管施設の抜本的な改善について要望書を提出している件で、4回目の回答について疑問があったので再質問していましたが、回答がきました。 今回は改善写真付きでした。大学等に質問して写真がつい […]

  • 2019年4月22日

映画『かわいそうな象を知っていますか』NET無料配信版は日本の畜産動物・実験動物の現状も

昨年12月、上映会のご報告をしました動物ジャーナリスト佐藤榮記監督のドキュメント映画『かわいそうな象を知っていますか』にNET無料配信版(1時間24分)ができました。 上映会版は、動物園という牢獄で苦しむ動物たちの現状が、これでもかと伝わってくる内容 […]

  • 2018年12月30日

OIE採卵鶏の動物福祉規約について団体連名で意見提出

12月19日、農林水産省でOIE連絡協議会の平成30年度第2回が開催されました。 傍聴はできなかったのですが、この日は新たに陸生動物のコードに盛り込まれることになっている「アニマルウェルフェアと採卵鶏生産システム」の章について再検討案が示されるなどし […]

  • 2018年7月12日

平成30年度第1回OIE連絡協議会 イヌ狂犬病にステータス導入

6月29日、農林水産省で平成30年度の国際獣疫事務局(OIE)連絡協議会の第1回が開催されました。主にOIEに提出する日本国としてのコメントのとりまとめについて有識者・関係者が意見交換を行う場として設けられています。 今年5月のOIE総会の報告があり […]

  • 2017年12月28日

OIEは採卵鶏のウェルフェアコードを策定中 要望書を提出しました

12月11日、平成29年度第2回国際獣疫事務局(OIE)連絡協議会を傍聴してきました。日本政府としてどういう意見をOIEに提出するのか、有識者や業界団体から委員を集めて検討するのが、この連絡協議会です。 今回の連絡協議会で動物福祉に関連して議題になっ […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG