改正動物愛護法2年目の施行へ向けて動物取扱業者の飼養管理基準が策定されようとしています。犬猫以外の動物にも福祉基準を!
CATEGORY

動物実験

  • 2019年10月24日

<産業技術総合研究所>サルを使った実験なのに、そのことを隠してプレスリリース

経済産業省の研究所である産業技術総合研究所(産総研)も動物実験を行っています。 以前、新しくできた動物実験施設が使えないということで、瑕疵問題が国会で問題になったこともありました。 しかし驚いたのですが、先日公表された「4592-脳損傷後に新たに形成 […]

  • 2019年10月7日

外科手技訓練用の人造モデルの犬 SynDaver® Canine Surgical Model

教育における動物実験の代替に取り組むInterNICHEから、韓国の建国大学校の獣医校でもイヌの外科トレーニング用解剖モデルSynDaver® が採用されたとの情報をいただきました。東アジアにも生体代替の波が来ています。 こういったモデルは、あくまで […]

  • 2019年9月28日

「クレイジージャーニー」爬虫類ハンターのヤラセが明らかに。静岡大学に質問書を送りました

9月11日、TBSの番組「クレイジージャーニー」が、ヤラセがあったとしてお詫び文を出し、番組が急遽休止となりました。「爬虫類ハンター」として、世界各国で珍しい生物の捕獲を行ってきた静岡大学教育学部・加藤英明講師の企画部分でのヤラセです。あらかじめ現地 […]

  • 2019年9月14日

違法に使用されていた遺伝子組換えカイコが承認されてしまいました

8月9日まで行われていた遺伝子組換えカイコの第一種利用の件ですが、承認されたと農水省から公表がありました。 違法に使われていたGMOカイコですが、最終的に絹糸を仕入れた企業やカイコを飼育した農家に対しては何のペナルティもなく、これで使用開始できてしま […]

  • 2019年8月8日

【8/9パブコメ締切】違法に使用されていた遺伝子組換えカイコについて、開放系での産業利用承認がなされます

明日8月9日まで、環境省と農水省で、カルタヘナ法に基づく遺伝子組換えカイコの第一種利用を1件承認にする件について、パブリックコメントが実施されています。 第一種利用とは、拡散防止措置のとられていない開放系での利用です。第二種は、研究施設など拡散防止措 […]

  • 2019年7月25日

日本バイオアッセイ研究センターは中動物実験棟を小動物用に改修

7月17日付けで、独立行政法人労働者健康安全機構「日本バイオアッセイ研究センター」の中動物実験棟改修設計業務に関する入札公告が厚生労働省から出ていました。 入札公告(日本バイオアッセイ研究センターの中動物実験棟改修設計業務) 日本バイオアッセイ研究セ […]

  • 2019年6月29日

AMED「医系国際誌が規範とする研究の信頼性にかかる倫理教育プログラム」で動物実験についても

医療分野の研究開発に国の研究費を提供するAMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)が、人を対象とした研究や動物実験に関与する研究者向けに、有力な医系国際誌が掲げる倫理規範を身につけるためのプログラムを作成したとして、「医系国際誌が規範とする研究 […]

  • 2019年6月14日

7月7日、動物愛護法改正報告会&法律に見放された動物たちを守るための勉強会を開催します!

6月12日、動物愛護法改正が成立しました。メディアは、犬猫の生後56日齢規制の実現(一部例外あり)とマイクロチップ犬猫販売時義務化、動物虐待罪の罰則強化等に限った報道しかしていませんが、その他にも多くの改正事項が実現しました。 法案が委員会にかかるま […]

  • 2019年6月10日

カテーテルの訓練に豚の利用は必要ない! 「バイオニックヒューマノイド」が拓く新産業革命

当日会場からツイートしただけで、なかなかまとまったご報告ができないでいましたが、2019年1月11日、東京大学伊藤国際学術研究センターで開催された公開シンポジウム最終報告会「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」に行ってきました。内閣府の革新的 […]

  • 2019年6月10日

岐阜大学から再度回答ありました。初の改善写真付きでした!

岐阜大学で、動物実験委員会が応用生物科学部学部長あてに実験動物飼養保管施設の抜本的な改善について要望書を提出している件で、4回目の回答について疑問があったので再質問していましたが、回答がきました。 今回は改善写真付きでした。大学等に質問して写真がつい […]

  • 2019年6月5日

北里大学獣医学部で、リタイアする実験犬・猫の譲渡に関する制度が! ビーグル犬が第一号!

先日、私立大の獣医学教育で実習に用いられている動物の数/代替法の採用の有無について投稿した際に、北里大学獣医学部に質問をしているところだということに少し触れさせていただきましたが、既に回答をいただいていまして、その中でとてもうれしいことがわかりました […]

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG