第一種動物取扱業の登録をせずに闘犬を販売していた事例についてアップ

過去の事例になりますが、第一種動物取扱業の登録をせずに土佐犬(闘犬)を繁殖・販売していた事例について、記録としてアップしました。

関連記事

「年間2回以上又は2頭以上」にならないと業に当たらないとの見解により、闘犬・猟犬では業の登録はほぼ行われずに売買が行われているのではないかと思います。本当に販売の頻度が低いか、もしくは無償譲渡であれば、業に当たらないという判断もやむを得ませ[…]

同じタグの関連記事

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG