<品川区議会>しながわ水族館に関する行財政改革特別委員会によるとりまとめ

NO IMAGE

2021年5月26日、品川区議会で承認された行財政改革特別委員会のとりまとめ文書です。今後のあり方について提言する内容になっています。

SDGs目標については盛り込まれていますが、イルカショーなどの動物ショーの廃止については明言されていません。以下、全文です。

品川区議会行財政改革特別委員会によるとりまとめ

行財政改革特別委員会 具体的検討事項のまとめ
(調査事項:「水族館の運営計画に関すること」)

当委員会は、令和2年5月27日の臨時会において設置され、今期の調査事項を「区有施設、公有地等の活用に関すること」、「水族館の運営計画に関すること」、「危機管理に関すること」、 「財源確保に関すること」および「働き方改革に関すること」の5本とし、委員会を運営して まいりました。
このうち、「水族館の運営計画に関すること」においては、30周年を迎えるしながわ水族館の今後の計画について、さらなるにぎわいの創出の観点から、しながわ水族館の視察を含めて調査・研究を進めました。

しながわ水族館の視察では、施設の見学などをした後、館長等との意見交換を行いました。 その後の委員会においては、しながわ水族館顧客満足度満点プロジェクトにおける魅力向上策の検討内容について理事者より説明を受け、視察の内容を踏まえて議論し、今後のしながわ水族館のあり方について、委員から様々な意見が挙げられました。

本まとめは、当委員会で調査・研究を重ねてきた内容をとりまとめたものであります。つきましては、今後の品川区における行財政改革に関し、本委員会での議論で委員より出された意見や本まとめを活かして施策を展開していただくよう求めます。

(1) しながわ水族館の社会教育施設としての役割や公園の中にある立地などの特徴を活かし、近隣の水族館との差別化を図られたい。また、名称にも差別化のための工夫を図られたい。

(2)しながわ水族館としながわ区民公園が一体的ににぎわいを創出できるような検討を図られたい。

(3)しながわ水族館の理念について、SDGsの目標を踏まえた検討を進められたい。

(4)しながわ水族館と(仮称)品川区立環境学習交流施設との連携など、海洋と環境の持続可能性に着目した区独自の取組みを検討されたい。

(5)しながわ水族館顧客満足度満点プロジェクトにおける専門家会議の意見を重視した検討を進められたい。

(6)公立水族館であることを活かした研究機能やその展示等を検討されたい。

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG