ピアスグループ動物実験廃止キャンペーンまとめ

2018年、美しさに犠牲はいらないキャンペーン(CFB)実行委員会の構成団体として取り組んだ、ピアスグループに対し化粧品・医薬部外品の動物実験廃止を求めるキャンペーンのまとめページです。このページから、経緯がわかるように各記事へリンクしています。

2018年度末をもって化粧品・医薬部外品の動物実験を廃止するとの決定がなされ、2019年4月1日をもって廃止になりました。ご協力をありがとうございました!

経緯

2013年
CFBの構成団体であるJAVAがピアスグループを含む複数の化粧品メーカーに対して動物実験に関する書面での調査を行ったところ、ピアスグループは無視

2018年4月
一般消費者の方から、動物実験を行っているかどうかをピアスグループに問い合わせたところ「医薬部外品の最終製品の有効性確認のための動物実験を実施する可能性がある」と回答があったとの情報がCFBに寄せられた。

2018年5月
CFBから同グループに対し、化粧品及び医薬部外品相当の化粧品(いわゆる薬用化粧品)に関する動物実験について、公開質問状を送付したころ、回答なし。
電話による問い合わせに対しても「回答するつもりはない」と拒絶

2018年9月
署名キャンペーン立ち上げと同時に再度回答を督促。
以降、ブログで経過を報告しています。以下をご覧ください。

2018年9月1日 Change.org署名キャンペーン立ち上げ

【終了しました】署名ページhttps://www.change.org/pias

2018年9月20日 兵庫県条例違反で刑事告発することを決定

10月16日 署名締切

10月19日 署名提出

12月7日 2回目の本社訪問

12月10日 ピアスグループが動物実験に関する方針公表!

ピアスグループの決定をもって、
本キャンペーンを終了いたします。
ご協力を大変ありがとうございました!

2019年4月1日 ピアスグループが化粧品の動物実験廃止

▼化粧品の動物実験廃止のトップページへ戻る

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG