クロスボウの所持禁止が実現しました!

動物虐待に使われてきたクロスボウ(ボーガン)ですが、原則所持禁止が実現しました。

標的射撃などの目的に限り、許可を得て所持・使用することは可能ですが、鑑賞、収蔵などの目的で所持許可を受けることはできません。動物に向けて撃つことも、狩猟、有害駆除、動物麻酔などの目的で許可を得ずに撃つことは禁止です。

2022年3月15日に施行され、許可申請が始まりました。9月15日以降も所持し続けた場合は、不法所持となり、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。警察署では、廃棄するクロスボウの無料回収を行っています。

詳しくは、警察庁のサイト「クロスボウの所持が禁止されます!」をご覧ください。

これまでの経緯や、PEACEサイト内の関連する記事は以下の通りです。

関連記事

関連記事

24日、今国会に提出される銃刀法改正案が閣議決定され、殺傷事件が相次いだクロスボウ(洋弓銃、いわゆるボーガン)に対する全国的な規制が実現する運びになりました! 矢ガモや、世田谷一家殺害事件直前の猫殺害事件などから非常に長い年月[…]

関連記事

今年6月、兵庫県宝塚市で4人がボーガンで殺傷された事件がありました。これを受けて、警察庁がボーガンの所持などに対する規制の在り方を議論する有識者検討会を開催することを決めたとの報道がありました。 23日に初会合が開かれ、計4回[…]

関連記事

▼この記事の続きです https://animals-peace.net/law/animalabuse/siga-serialcatkiller.html 4月14日、滋賀県警甲賀署が、動物愛護法違反の疑いで甲賀市の54歳の会社員[…]

関連記事

先日、鳥獣保護法施行規則の改正について公表されました。この改正で、環境大臣が禁止する猟法として「弓矢を使用する方法」とされていたものが、「矢を使用する方法」に変わりました。 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則[…]

#銃刀法改正 #銃砲刀剣類所持等取締法 #ボウガン #弓矢 #鳥獣保護法 #鳥獣保護管理法

 

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG