動物実験を行って申請をしたことのある企業一覧(化粧品編)

化粧品の動物実験廃止

動物実験を行って申請してきた企業一覧

以下は、2001年の薬事法(現:医薬品医療機器等法)改正以降に化粧品基準の改正が行われた成分の一覧です。すなわち、化粧品メーカーや原材料メーカーが、製品に使えるよう動物実験のデータを添付し、基準改正を求める申請を行った成分です。

●動物使用数の詳細については、各成分名をクリックして詳細ページをご覧ください。

成分名(商品名・一般名称) 申請企業 基準改正通知 使用動物数
ドロメトリゾールトリシロキサン
(メギゾリル XL)
日本ロレアル株式会社 平成14年12月25日 不明
メチルイソチアゾリノン
(ネオロン950)
ローム・アンド・ハース・ジャパン株式会社 平成16年11月4日 3682匹
2―[4―(ジエチルアミノ)―2―ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステル
(ユビナールAプラス)
岩瀬コスファ 平成17年10月18日 1204匹
銀―銅ゼオライト カネボウ 平成17年10月18日 264匹(推定)以上
ジメチコジエチルベンザルマロネート
(パルソールSLX)
ロシュ・ビタミン・ジャパン株式会社(現:DSMニュートリション ジャパン) 平成17年10月18日 1421匹
ポリアミノプロピルビグアナイド 日光ケミカルズ株式会社 平成17年10月18日 934匹以上
ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル
(IPBC)
ロンザ 平成18年5月24日 4099匹
2,4―ビス―[{4―(2―エチルヘキシルオキシ)―2―ヒドロキシ}―フェニル]―6―(4―メトキシフェニル)―1,3,5―トリアジン 株式会社資生堂 平成19年5月24 日 不明
チオクト酸 株式会社ファンケル 平成19年5月24 日 不明
ピロクトンオラミン
クラリアントジャパン株式会社 平成21年3 月31日 不明
タイソウエキス
株式会社資生堂 平成22年2月26日 不明
       

これらの企業のうち、原料メーカーのみを対象に、動物実験を現在も行っているかどうか聞いてみました。結果はこちらに掲載しています。
cosmematlist

★上記表に関する注意事項★

時期により情報開示度が違っているため、すべての成分で使用数を出すことはできませんでした。

また、申請前に医薬品成分として使われていたものや、海外で化粧品等に使われていた成分もあり、すべての動物実験が新たに上記の申請のために行われたものかどうかは不明です。

一方で、手技ミスによる死亡が少なからずあり、試験結果に影響を与えている可能性があるのではないかと指摘を受けたために、再試験が行われている事例などもありました。(資生堂が申請した2,4―ビス―[{4―(2―エチルヘキシルオキシ)―2―ヒドロキシ}―フェニル]―6―(4―メトキシフェニル)―1,3,5―トリアジン)

申請資料で動物実験が行われていることがわかるのは安全性試験のみで、効能・効果を立証するための動物実験のデータは、少なくとも公開された部分では見られませんでした。しかし、資料は一部墨塗りもされているので、正確なところはわかりません。

socmeill日本には動物実験を規制したり報告を求めたりする仕組みは一切なく、全体でどの程度化粧品のために動物実験が行われているのかは不明です。

また、上記の表は法律上の化粧品だけなので件数が少ないですが、実際には薬用化粧品(医薬部外品)のために行われている動物実験のほうが多いです。

医薬部外品の申請資料の概要については、PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)のサイトで公開されています。但し、厚労省の部会で審議されたものに限るので、ごく一部です。(主に区分1)

arrowright 医薬部外品 審査報告書・申請資料概要

化粧品の動物実験TOPに戻る

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG