動物実験用のサルの輸入:農林水産大臣が指定する施設

日本へサルを輸出する際の検疫施設として指定されている現地施設の一覧です。

日本へのサルの輸入に関する統計と規制の概略については、こちらのページをご参照ください。


感染症の病原体を媒介するおそれのある動物の輸入に関する規則第4条の表の輸入可能地域のうち第2号に掲げる地域の項の下欄第1号及び第2号の農林水産大臣が指定する施設は、次に掲げるとおりとする。 (平成22年5月8日農林水産省告示第793号)

改正履歴:
平成24年8月8日農林水産省告示第1972号
平成26年5月12日農林水産省告示第648号
平成29年7月5日農林水産省告示第1097号(公布の日から施行)

施 設

所 在 地

プレスタシー・ファウナ・ヌーサンターラ社の施設

インドネシア共和国西ジャワ州タンゲラン県

タマンサファリ・インドネシア社の施設

インドネシア共和国西ジャワ州ボゴール県

ニュー・インクアテックス社の施設

インドネシア共和国西ジャワ州ボゴール県

ボゴール農業大学霊長類研究センターの施設

インドネシア共和国西ジャワ州ボゴール市

ラブシンド社の施設

インドネシア共和国バンテン州タンゲラン県

アニマル・ファームの施設

ガイアナ協同共和国ジョージタウン市

ティエン・フー・カンボジア・アニマル・ブリーディング・リサーチ・センターの施設

カンボジア王国コンポンチャム州チューンプレイ区

オリエント・カム・カンパニー・リミテッドの施設

カンボジア王国コンポンチュナン州ローリ・アップ・イアー郡

アンコール・プライメイツ・センター・インコーポレーションの施設

カンボジア王国コンポントム州コンポン・スヴァイ郡

ヴァニー・バイオリサーチ・コーポレーション・リミテッドの施設

カンボジア王国プノンペン都ミンチェーイ区

ハンセンズ・トロピカル・ワイルドライフの施設

スリナム共和国パラマリボ州

スリ・ワイルド・フラワーズ・アンド・アニマルズの施設

スリナム共和国ワニカ州

雲南霊長類実験動物有限公司の施設

中華人民共和国雲南省景洪市

海南金港生物技術股份有限公司の施設

中華人民共和国海南省海口市

海南新正源生物科技有限公司の施設

中華人民共和国海南省海口市

広東省肇慶市実験動物科技研究中心の施設

中華人民共和国広東省高要市

広東省肇慶創薬生物科技有限公司の施設

中華人民共和国広東省高要市

玉林市洪峰実験動物馴養繁殖中心の施設

中華人民共和国広西壮族自治区玉林市

広西桂東霊長類開発実験有限公司の施設

中華人民共和国広西壮族自治区広西梧州市

広西雄森霊長類実験動物養殖開発有限公司の施設

中華人民共和国広西壮族自治区平南県

防城港常春生物技術開発有限公司の施設

中華人民共和国広西壮族自治区防城港市

広西瑋美生物科技有限公司の施設

中華人民共和国広西南寧中国東盟経済開発区

軍事医学科学院実験動物中心の施設

中華人民共和国北京市豊台区

デルムンド・トレーディングの施設

フィリピン共和国東ミンドロ州プエルト・ガレラ町

ナホバニー社の施設

ベトナム社会主義共和国ドンナイ省ロンタン県

関連記事

関連記事

霊長類は、すべての地域から原則輸入禁止ですが、試験研究用または展示用のサル(厚生労働・農林水産大臣の指定を受けた試験研究機関または動物園で飼育されるもの)に限り、指定の地域から輸入可能です。すなわち、愛玩用の輸入は禁止です。指定の地[…]

関連記事

中国では、昨年、動物実験用の繁殖施設へ向けてカニクイザル2735匹がベトナムから密輸されていたと報じられ、PEACEのブログでもこのことをご紹介しました。(こちら)この事件では主謀者の呼び名は「阿六」と報じられており、広西チワン族自[…]

関連記事

アメリカから驚くべきニュースが入ってきました!11月16日、カンボジア政府の野生生物保護の担当職員が、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で身柄拘束され、なんと容疑は実験用カニクイザルの密輸等だというのです!これまで長[…]

関連記事

昨年、カンボジアの実験用霊長類の施設からアメリカに多数のカニクイザルが密輸されてきたことがようやく立件され、施設の関係者だけではなく、香港の本社の経営者や、カンボジアの国の役人までアメリカで起訴されるに至りました。[blogcard u[…]


関連記事

動物実験に使われるサルたちについての記事一覧です。目次実験用ニホンザルを繁殖する国家事業[sitecard subtitle=関連記事 url=https://animals-peace.net/experiments/[…]

ニホンザル親子

 

NO IMAGE

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG