霊長類の輸入数および国際取引状況

霊長類の輸入数推移(総数)

貿易統計からみた、日本の霊長類の輸入数(総数)の推移です。

霊長類の輸入数推移(国別)

これを国別に見ると、下記のようになります。

年度 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
中国 3429 4537 5257 2911 3398 3538 2142 1247 1420 1942
ベトナム 1098 1496 1219 1252 863 1107 579 798 820 727
フィリピン 550 646 688 552 723 1007 774 474 495 705
インドネシア 346 1120 478 315 161 162 234 42 64
カンボジア 415 1358 2022 2608 3351
スリナム 146 35
オランダ 1
アメリカ 4 2
シンガポール 1 1
インド 20
5569 7834 7643 5030 5145 6229 5087 4584 5432 6727
年度 2015 2016 2017 2018 2019
中国 2650 1722 1756 1446 681
ベトナム 492 1167 1486 743 1278
フィリピン 125 70
カンボジア 1673 3113 3374 2108 2820
4940 6002 6616 4367 4779

※エクセルシートはこちら

説明:

霊長類は、原則すべての地域から輸入禁止ですが、試験研究用または展示用のサル(厚生労働・農林水産大臣の指定を受けた試験研究機関または動物園で飼育されるもの)に限り、指定の地域から輸入可能です。すなわち、愛玩用の輸入は禁止です。

展示用の霊長類の輸入はごくわずかと考えられ、時折、例外規定によって指定地域以外からも認められることがありますが、霊長類輸入のほとんどが動物実験用です。

輸入ができる国は、アメリカ合衆国、インドネシア共和国、ガイアナ協同共和国、カンボジア王国、スリナム共和国、中華人民共和国、フィリピン共和国(2015年9月~2017年7月まで停止されていた)、ベトナム社会主義共和国から輸入できます。(これらの国以外からは特例。ガイアナは2002年で停止されている。)

そして、国ごとにサルの衛生条件が定められています。

日本にサルを輸入可能な海外の施設の一覧は「農林水産省が指定する施設」のページをご覧ください。

輸入時に、動物検疫所とは別に企業や研究機関が自施設で検疫を行うことができ、幾つかの施設が指定されています。これらのその施設が日本に実験用のサルを輸入している主力だと考えられます。平成30年時点の一覧については、こちらの記事をご覧ください。

カンボジア・ベトナムからの実験用霊長類の輸入が増加、中国からは激減

内訳はカニクイザルが多い

霊長類は全ての種がCITES(ワシントン条約)付属書掲載種であるため、取引データベースから種ごとの輸入数内訳を知ることができます。

2018年の輸入数でいうと、カニクイザルが4669匹、アカゲザルが212匹となっており、カニクイザルが圧倒的に多いことがわかります。(※上記の貿易統計の表・グラフは年度で掲載しているので、年の統計とは差が生じます)

実験動物の空輸にSTOPを!

ワシントン条約でも取引量の多さが検討課題に

カニクイザルは、CITES(ワシントン条約)でも取引量が多いことについて懸念が持たれており、動物委員会で検討がなされています。その際の資料より、国際取引の現状です。

※合法取引の数値に基づいて作成されています。東南アジアから中国への実験用カニクイザルの密輸が国際的に問題になっていますが、その数は含まれません。(下記参照)

カニクイザルの国際取引

実験用カニクイザルの密輸摘発!

<中国>カニクイザル2735匹の密輸摘発によって動物実験産業の暗部が暴かれた

野生カニクイザルを密輸で集めていた中国の実験動物繁殖会社から日本も仕入れている

>動物の搾取のない世界を目指して

動物の搾取のない世界を目指して

PEACEの活動は、皆さまからのご寄付・年会費に支えられています。
安定した活動を継続するために、活動の趣旨にご賛同くださる皆さまからのご支援をお待ちしております。

CTR IMG